大谷「中5日計画」の裏にソーシア監督“政権延長”への野望

公開日: 更新日:

 エンゼルスの大谷翔平(23)に関して、ソーシア監督が、ゆくゆくは中5日で起用したいと言い始めた。

「投げることに慣れ、イニング数を消化するにしたがって、登板間隔を短縮できればいいと思っている。中5日で投げられるようになれば」(ソーシア監督)

 現在は日本ハム時代と同じ中6日。1週間に1回の登板が投げて打っての二刀流にはベストとの判断からだったが、登板間隔を1日詰めたい裏にはチーム状態と自身の去就があるようだ。

 ソーシア監督は今季が10年契約の10年目。今シーズン限りで契約が切れる。モレノ・オーナーの信頼は絶大で、チーム内では時のGM以上の権力を持つとも。だが、昨年まで3年連続でプレーオフ進出を逃しているだけに、今季も勝てないようならさすがに解任は避けられないともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る