完封負け阻止も 大谷二刀流の足を引っ張るのは味方打線?

公開日:  更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)がチームの2戦連続完封負けを阻止した。

「5番・DH」でスタメン出場した17日(日本時間18日)のレイズ戦。九回に2番手右腕プルイットから、1週間ぶりのソロ本塁打。前日はアストロズ・バーランダーに3三振を含む4タコ、この日はアーチャーの前に3打席凡退でメジャー最長の8打席連続無安打としたが、長いトンネルを脱した。

 ここまで野手として23戦で6発と本塁打を積み重ねている大谷は今後、味方打線に足を引っ張られかねない。

 5月に入り、キンズラー(月間打率.188)、コザート(同.216)ら上位を打つ選手が揃って不調。主砲プホルス(打率.251、6本塁打)の調子が上がらないこともあり、打線につながりを欠いているからだ。

「本来、ソーシア監督はスモールベースボールを駆使して1点をもぎ取るのにたけた指揮官ですが、今季は機動力のある選手が不在。長打に頼るしかないのが現状ですが、4番プホルスが好機を逸するケースが目立つ。先日のアストロズ戦でトラウト、大谷を1、2番で起用したように、5番シモンズも含めて好調な3人を並べれば問題はありませんが、この3人中心のオーダーを組めなければ、打線は途切れがちになる。一発のある大谷に好機で打席が回れば、相手バッテリーは勝負を避けることも考えられる。ポストシーズン進出争いが熾烈になる終盤、得点機で大谷のバットから快音は減るのではないか」(スポーツライター・友成那智氏)

 もちろん、打線が湿めれば援護点も期待しにくいため、好投しても報われないケースも生じかねない。大谷が二刀流として結果を残すかどうかは味方打線の出来にも左右されそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る