左膝痛々しい鈴木愛に全米女子OP「出場厳しい」と懸念の声

公開日: 更新日:

【リゾートトラストレディス】初日

 全米女子オープン(5月31日開幕)への渡米前に、国内大会に出場している鈴木愛(24)が痛々しい。左膝にテーピングをして、ハーフターン時にはクラブハウスのロビーで患部をアイシング。前週は初日スタート前に欠場しており、回復の兆しが一向に見られない。

 大会初日は6バーディーを奪いながら、1ボギー、1トリプルボギーの2アンダー20位発進と精彩を欠いた。

「来週の全米女子オープン出場はちょっと厳しい」と、フィジカルトレーナーの平山昌弘氏がこう解説する。

「痛みの症状は左膝に出ていますが、原因は右膝の使い方にある。ユーチューブで鈴木のスイングを見ればわかるように、アドレス時に右膝を内側に絞っている。パワーを引き出せるが、インパクト時に左膝でパワーを受け止めることで疲労が蓄積されていったと思われる。さらに飛行機での長距離移動は、上半身と下半身との連結器の役割をつかさどる中臀筋にも悪影響を及ぼす。スイングにキレがなくなり、骨盤の安定性が失われて真っすぐに立てなくなる。得意のパターまで不調になることが考えられます」

 メジャー初戦のANAインスピレーションは最下位に終わり、帰国してすぐの国内大会で優勝するなど、ゆっくり休めない過密スケジュールも問題だ。今後のプロ人生を考えたら、全米女子オープンを欠場する勇気も必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  10. 9

    阪神“無期限二軍”藤浪トレード再燃…野手獲得の交換要員か

  11. 10

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

もっと見る