左膝痛々しい鈴木愛に全米女子OP「出場厳しい」と懸念の声

公開日: 更新日:

【リゾートトラストレディス】初日

 全米女子オープン(5月31日開幕)への渡米前に、国内大会に出場している鈴木愛(24)が痛々しい。左膝にテーピングをして、ハーフターン時にはクラブハウスのロビーで患部をアイシング。前週は初日スタート前に欠場しており、回復の兆しが一向に見られない。

 大会初日は6バーディーを奪いながら、1ボギー、1トリプルボギーの2アンダー20位発進と精彩を欠いた。

「来週の全米女子オープン出場はちょっと厳しい」と、フィジカルトレーナーの平山昌弘氏がこう解説する。

「痛みの症状は左膝に出ていますが、原因は右膝の使い方にある。ユーチューブで鈴木のスイングを見ればわかるように、アドレス時に右膝を内側に絞っている。パワーを引き出せるが、インパクト時に左膝でパワーを受け止めることで疲労が蓄積されていったと思われる。さらに飛行機での長距離移動は、上半身と下半身との連結器の役割をつかさどる中臀筋にも悪影響を及ぼす。スイングにキレがなくなり、骨盤の安定性が失われて真っすぐに立てなくなる。得意のパターまで不調になることが考えられます」

 メジャー初戦のANAインスピレーションは最下位に終わり、帰国してすぐの国内大会で優勝するなど、ゆっくり休めない過密スケジュールも問題だ。今後のプロ人生を考えたら、全米女子オープンを欠場する勇気も必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る