• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

左膝痛々しい鈴木愛に全米女子OP「出場厳しい」と懸念の声

【リゾートトラストレディス】初日

 全米女子オープン(5月31日開幕)への渡米前に、国内大会に出場している鈴木愛(24)が痛々しい。左膝にテーピングをして、ハーフターン時にはクラブハウスのロビーで患部をアイシング。前週は初日スタート前に欠場しており、回復の兆しが一向に見られない。

 大会初日は6バーディーを奪いながら、1ボギー、1トリプルボギーの2アンダー20位発進と精彩を欠いた。

「来週の全米女子オープン出場はちょっと厳しい」と、フィジカルトレーナーの平山昌弘氏がこう解説する。

「痛みの症状は左膝に出ていますが、原因は右膝の使い方にある。ユーチューブで鈴木のスイングを見ればわかるように、アドレス時に右膝を内側に絞っている。パワーを引き出せるが、インパクト時に左膝でパワーを受け止めることで疲労が蓄積されていったと思われる。さらに飛行機での長距離移動は、上半身と下半身との連結器の役割をつかさどる中臀筋にも悪影響を及ぼす。スイングにキレがなくなり、骨盤の安定性が失われて真っすぐに立てなくなる。得意のパターまで不調になることが考えられます」

 メジャー初戦のANAインスピレーションは最下位に終わり、帰国してすぐの国内大会で優勝するなど、ゆっくり休めない過密スケジュールも問題だ。今後のプロ人生を考えたら、全米女子オープンを欠場する勇気も必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る