山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

もはや毒も華もなし…巨人が直面する「盟主の終焉」

公開日: 更新日:

 現在のセ・リーグは3連覇を目指す広島が首位を独走する一方で、残り5球団は団子状態と言っていい。

 2位・DeNAですら勝率5割で、最下位・中日までのゲーム差はわずかに2。ちょっとした連勝や連敗で2位から最下位まで激変する混戦が展開されている。

 だからなのか、昨年ほど巨人の弱さが目立っていないような印象を受ける。現在5位と低調の巨人だが、それでも借金は3だから、まだまだ挽回できる可能性がある。昨年の今ごろは13連敗という極めてインパクトの大きい醜態をさらし、さらにその後は山口俊の傷害事件が発生するなど、言わば悪目立ちしていたことを考えると、今季の巨人は普通に、いや地味に弱い。看板選手である菅野智之坂本勇人が特に際立って不振というわけでもなく、むしろ岡本和真などのニュースターが生まれつつあるのに、それでもチームはいまひとつ勝ちきれない。なんというか、現在の巨人には毒も華もないのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  2. 2
    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

  3. 3
    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

  4. 4
    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

  5. 5
    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

もっと見る

  1. 6
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

  2. 7
    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

  3. 8
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 9
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  5. 10
    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か

    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か