山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

もはや毒も華もなし…巨人が直面する「盟主の終焉」

公開日:

 現在のセ・リーグは3連覇を目指す広島が首位を独走する一方で、残り5球団は団子状態と言っていい。

 2位・DeNAですら勝率5割で、最下位・中日までのゲーム差はわずかに2。ちょっとした連勝や連敗で2位から最下位まで激変する混戦が展開されている。

 だからなのか、昨年ほど巨人の弱さが目立っていないような印象を受ける。現在5位と低調の巨人だが、それでも借金は3だから、まだまだ挽回できる可能性がある。昨年の今ごろは13連敗という極めてインパクトの大きい醜態をさらし、さらにその後は山口俊の傷害事件が発生するなど、言わば悪目立ちしていたことを考えると、今季の巨人は普通に、いや地味に弱い。看板選手である菅野智之や坂本勇人が特に際立って不振というわけでもなく、むしろ岡本和真などのニュースターが生まれつつあるのに、それでもチームはいまひとつ勝ちきれない。なんというか、現在の巨人には毒も華もないのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る