終盤また競り負け 1点差4勝9敗巨人“接戦アレルギーの”元凶

公開日: 更新日:

 巨人が逆転負けでオリックスに連敗を喫した。

 3日の先発内海は六回途中まで1失点。しかし、救援陣がリードを守れない。七回に3番手の沢村が小田に同点タイムリーを打たれ、八回にマシソンがロメロに勝ち越し適時打を浴びた。

 前日は2―3のサヨナラ負け。この日も競り負けて最近10試合は2勝8敗。そのうち6敗が2点差以内の敗戦だ。さらに、今季の1点差試合は4勝9敗。接戦に勝ち切れないのだ。

 中日横浜などで投手として活躍した評論家の門倉健氏がこう言う。

「終盤に失点して競り負けることが多い。一番の要因はもちろんリリーフ陣。上原が勝ちパターンに組み込めれば、リリーフの中でもローテが組めましたが、開幕前の構想通りにはいかず、リリーフ陣に疲れが見えます。ただ、これは先発陣と密接につながっている。この日の内海は六回途中。全体的に先発の降板が早く、リリーフ陣にしわ寄せがいく。投手陣全体の問題です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る