巨人・内海が7回2失点の粘投 ゴロで分かる代え時と辞め時

公開日:

 巨人の内海哲也(36)が粘りの投球を見せた。

 今季2勝目を目指して10日の西武戦に先発。2点リードの三回に秋山、四回には外崎に適時打を浴びて同点に追いつかれた。五回以降も毎回安打を許したものの、点は許さず、7回102球で7安打2失点。チーム打率.278の12球団最強打線を相手に踏ん張った。「粘り強く投げられたかな」と汗を拭えば、高橋由伸監督(43)には「内容も非常に良かった。粘り強くて内海らしい投球だったんじゃないかな」と褒められた。

 この日は「いい傾向」が出ていた。巨人は昨年から東京ドームなどに、高性能弾道測定器「トラックマン」を導入。今年から担当部署も新設された。球団の担当者の一人がこう言うのだ。

「内海の場合は、投球の軌道、持ち球、リリースポイントなどから総合的に判断して『ゴロを打たせる投手』とはじき出されています。これができていれば好調ということ。仮に抑えていても、飛球が多い時は気をつけなくてはいけない。東京ドームは本塁打が出やすい球場。打球が上に上がると、危険度が増しますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る