巨人・内海が7回2失点の粘投 ゴロで分かる代え時と辞め時

公開日: 更新日:

 巨人の内海哲也(36)が粘りの投球を見せた。

 今季2勝目を目指して10日の西武戦に先発。2点リードの三回に秋山、四回には外崎に適時打を浴びて同点に追いつかれた。五回以降も毎回安打を許したものの、点は許さず、7回102球で7安打2失点。チーム打率.278の12球団最強打線を相手に踏ん張った。「粘り強く投げられたかな」と汗を拭えば、高橋由伸監督(43)には「内容も非常に良かった。粘り強くて内海らしい投球だったんじゃないかな」と褒められた。

 この日は「いい傾向」が出ていた。巨人は昨年から東京ドームなどに、高性能弾道測定器「トラックマン」を導入。今年から担当部署も新設された。球団の担当者の一人がこう言うのだ。

「内海の場合は、投球の軌道、持ち球、リリースポイントなどから総合的に判断して『ゴロを打たせる投手』とはじき出されています。これができていれば好調ということ。仮に抑えていても、飛球が多い時は気をつけなくてはいけない。東京ドームは本塁打が出やすい球場。打球が上に上がると、危険度が増しますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る