雄星に投げ負けKO G菅野に「メジャー時期尚早」とOB苦言

公開日:

 巨人の絶対的エースが最強打線に屈した。

 8日、西武の菊池雄星(26)とのエース対決に臨んだ菅野智之(28)は初回、秋山に先頭打者本塁打を浴びてリズムを崩す。高めの149キロの直球を逆方向の左中間スタンドにぶち込まれ、呆然と天を仰いだ。三回には2死から源田、浅村、山川に3連打され2失点。四回、五回にも1点ずつを奪われた。試合前まで防御率1・99でリーグトップだったセ最強投手が、10安打5失点でまさかの5回KOである。

 巨人OBで元投手コーチの中村稔氏(評論家)がこうクビをひねる。

「相手が西武だからと気負っていたような投球でした。いつもの制球力ではなく、全体的に球が甘かった。確かに西武打線の迫力には目を見張るものがあった。1番の秋山から8番の金子まで、みんながフルスイングしてくる。セはコツコツ当てる打撃が主。セにはない力強さに菅野は完全にのみ込まれ、臆したところも見られた。通常のセでの戦いでは圧倒するのに、この日は完敗です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る