巨人“残塁地獄”の元凶 ゲレーロ「スタメン落ち」のXデー

公開日: 更新日:

 巨人が5日の楽天戦で今季最多タイの12残塁を喫した。これで4戦連続の2ケタ残塁となり、今季3度目の3連敗。最下位まで0.5差となった。

 パッとしないのは開幕4番のアレックス・ゲレーロ(31)だ。「7番・左翼」で出場。2点を追う四回1死一、三塁で二直に倒れるなど、相変わらずチャンスに弱く、4タコに終わった。勝った楽天は3安打、負けた巨人は8安打。高橋由伸監督(43)は「(マギーを含めた)外国人がチャンスで打てない? 別にそこだけが悪いわけじゃないけど、やはりそういったところを期待している選手たち。何とか頑張って欲しいところはあるけどね」と不満そうである。

 ゲレーロは先月の終わりに20打席連続無安打の不振に陥った。3割近かった打率は5日現在・264まで降下。得点圏打率は・233と「残塁地獄」の元凶となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る