大谷も慕う日ハム若きエース 上沢直之の挫折から再生まで

公開日: 更新日:

【二軍の最下層】

「目に輝きがなく、迷路に入り込んでいるという感じでした」

 日本ハム7年目の右腕・上沢直之(24)についてこう話すのは、伊藤剛二軍総合兼投手コーチだ。ここまで5勝2敗、防御率2.10の好成績を残す187センチの長身右腕に何があったのか。

 高卒3年目の14年に8勝をマーク。同年のU21の日本代表にも選ばれるなど急成長を遂げたが、15年は不調に陥り、終盤には右肘痛を発症。フォームも崩れた。

 16年の開幕直前、右肘にメスを入れた。肘関節滑膜ヒダ除去手術で、全治6週間だった。術後のリハビリを経て、二軍戦に復帰したものの、なかなか状態が上がらない。速球は130キロ程度。思うようにストライクも入らず、二軍でも一番下のレベルまで落ちたという。選手生命の危機といっても過言ではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る