大谷も慕う日ハム若きエース 上沢直之の挫折から再生まで

公開日:

【二軍の最下層】

「目に輝きがなく、迷路に入り込んでいるという感じでした」

 日本ハム7年目の右腕・上沢直之(24)についてこう話すのは、伊藤剛二軍総合兼投手コーチだ。ここまで5勝2敗、防御率2.10の好成績を残す187センチの長身右腕に何があったのか。

 高卒3年目の14年に8勝をマーク。同年のU21の日本代表にも選ばれるなど急成長を遂げたが、15年は不調に陥り、終盤には右肘痛を発症。フォームも崩れた。

 16年の開幕直前、右肘にメスを入れた。肘関節滑膜ヒダ除去手術で、全治6週間だった。術後のリハビリを経て、二軍戦に復帰したものの、なかなか状態が上がらない。速球は130キロ程度。思うようにストライクも入らず、二軍でも一番下のレベルまで落ちたという。選手生命の危機といっても過言ではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る