日ハム斎藤は大炎上 “早大三羽烏”同日登板の悲喜こもごも

公開日:  更新日:

 いまやすっかり「あの人はいま」である。

 12日、なんの偶然か、早大ドラ1トリオが全員、同日登板を果たした――といっても、覚えているファンがどれだけいるやら。2010年にドラフト1位指名された、早大の斎藤(日本ハム=30)、福井(広島=30)、大石(西武=29)のことだ。

 同一大学から3投手同時1位指名はドラフト史上初と話題になったが、プロ入り後はいずれも目立った成績を残せていなかった。

 この日も、三羽烏筆頭の斎藤がやらかした。今季2試合目の阪神戦で、4回7失点。高山、中谷に本塁打を献上し、5四球と制球もボロボロ。吉井投手コーチはかつて「ボールはいいが、問題は集中力。打者が2巡、3巡すると打たれる」と話していた。その言葉通り、打者が1巡するまでは1点に抑えていたが、2巡目以降は6失点。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る