松山が初日出遅れ “難グリーン”に翻弄されて5オーバー46位

公開日: 更新日:

【全米オープン】

 前日にエースドライバーのヘッドが割れるアクシデントに見舞われた松山英樹(26)。インスタートの初日に苦しんだのはティーショットではなくグリーン上だった。

 芝目が強いポアナ芝が混ざり、さらにきつい傾斜もあり、練習ラウンドで十分にチェックしたはずだが、松山の赤いパンツの揺れ具合からすると、北西の風7メートルの体感はおそらく10メートル以上だったはずだ。

 この条件下では2つ、3つのボギーは想定内でも、バーディーを取りたい16番(パー5)のダブルボギーは痛かった。右ラフからの第3打がバンカーにつかまり、80センチに寄せるも、パーパットがカップにも触れず、1.2メートルの返しも入らずダブルボギー。アウトの7番(パー3)も大きく右に曲がる6メートルのバーディーパットが2メートル以上もショートしてパーパットを外した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る