• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山が初日出遅れ “難グリーン”に翻弄されて5オーバー46位

【全米オープン】

 前日にエースドライバーのヘッドが割れるアクシデントに見舞われた松山英樹(26)。インスタートの初日に苦しんだのはティーショットではなくグリーン上だった。

 芝目が強いポアナ芝が混ざり、さらにきつい傾斜もあり、練習ラウンドで十分にチェックしたはずだが、松山の赤いパンツの揺れ具合からすると、北西の風7メートルの体感はおそらく10メートル以上だったはずだ。

 この条件下では2つ、3つのボギーは想定内でも、バーディーを取りたい16番(パー5)のダブルボギーは痛かった。右ラフからの第3打がバンカーにつかまり、80センチに寄せるも、パーパットがカップにも触れず、1.2メートルの返しも入らずダブルボギー。アウトの7番(パー3)も大きく右に曲がる6メートルのバーディーパットが2メートル以上もショートしてパーパットを外した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る