松山が初日出遅れ “難グリーン”に翻弄されて5オーバー46位

公開日: 更新日:

【全米オープン】

 前日にエースドライバーのヘッドが割れるアクシデントに見舞われた松山英樹(26)。インスタートの初日に苦しんだのはティーショットではなくグリーン上だった。

 芝目が強いポアナ芝が混ざり、さらにきつい傾斜もあり、練習ラウンドで十分にチェックしたはずだが、松山の赤いパンツの揺れ具合からすると、北西の風7メートルの体感はおそらく10メートル以上だったはずだ。

 この条件下では2つ、3つのボギーは想定内でも、バーディーを取りたい16番(パー5)のダブルボギーは痛かった。右ラフからの第3打がバンカーにつかまり、80センチに寄せるも、パーパットがカップにも触れず、1.2メートルの返しも入らずダブルボギー。アウトの7番(パー3)も大きく右に曲がる6メートルのバーディーパットが2メートル以上もショートしてパーパットを外した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  2. 2

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  5. 5

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  8. 8

    日本で変異株が…ワクチン効きにくいと指摘の南ア型に酷似

  9. 9

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  10. 10

    Ado「うっせぇわ」大ヒット ボカロPは「令和の小室哲哉」か

もっと見る