松山が初日出遅れ “難グリーン”に翻弄されて5オーバー46位

公開日: 更新日:

「パットが風に影響されて決められなかった。ここのグリーンは前に打った人のラインは参考にならない。見た目が速そうで警戒したらダメだった。ピンが傾斜の上で難しい所が多かった。グリーンは硬さがあるわけじゃないし、どうしようもないってほどではない。こんなに打つ内容じゃない」

 開催コースは1891年設立。米国最古のゴルフクラブは、北大西洋に浮かぶロングアイランドに位置するリンクススタイルで強風が名物。今回は前回開催の2004年大会から449ヤード距離を延ばし、フェアウエー幅をやや広げた。さらに「全米で3指に入る」といわれる難グリーンは傾斜がきつく、落としどころによってはボールが止まらず外へこぼれてしまう。風の影響も受けるため1メートル以内のパットにも苦しむ。

 松山の初日のフェアウエーキープ率は79%(14分の11)、パーオン率50%(18分の9)。バーディーは12番の1つだけだったが、2位の昨年大会も初日は2オーバー、82位タイと出遅れから順位を上げていった。パッティング次第で浮上できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  2. 2

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  3. 3

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  6. 6

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  7. 7

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  10. 10

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

もっと見る