最終日スパートもV圏外 松山英樹が抱える左手親指の爆弾

公開日:

【マスターズ 最終日】

 最終日の松山英樹(26)は、首位に14打差のイーブンパー、21位タイ発進。優勝とは無縁ならプレッシャーはないから4日間で初めて60台のスコアが出た。通算3アンダーは19位だった。

 松山は2015年も、最終日に66と爆発し5位でフィニッシュしたが、勝ったスピースに11打差もつけられてのスタートだった。昨年も67の好スコアで28位から11位まで順位を上げたものの、首位に10打差発進の「V圏外」だった。

 優勝争いには関係ないポジションなら好スコアを出せるメンタル面より気になるのは左手親指付け根の故障だ。3連覇が懸かった2月のフェニックス・オープン初日に「初めての痛み」を感じ、「無理すると一生ゴルフができなくなるかもしれないという怖さがある」との理由から、2日目のスタート前に棄権した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る