不完全燃焼続く松山英樹 全米オープンに向け課題山積

公開日: 更新日:

【ザ・メモリアル・トーナメント 最終日】

「お先真っ暗で終わった」

 松山英樹(26)の言葉が今の状態をよく物語っている。3連覇のかかった2月のフェニックスオープンで左親指付け根痛が発症。それから1カ月以上もツアーを離脱し、復帰後は6試合でトップ10が1度もないなど、もどかしいラウンドが続いていた。

 今大会初日は65をマークして首位タイと久々に好スタートを切りながら、2日目71(4位タイ)、3日目71(7位タイ)とスコアを伸ばせずにズルズル後退。そして最終日も4バーディー、3ボギーの71と“不完全燃焼”ラウンドになり、通算10アンダー13位フィニッシュだった。

 3番パー4でティーショットを右ラフに曲げると、2打目はグリーン手前のクリークにつかまりボギー先行。8番パー3ではパーオンを逃し、2・5メートルのパーパットも決まらずにボギーと前半はショット、パットともかみ合わなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  9. 9

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る