不完全燃焼続く松山英樹 全米オープンに向け課題山積

公開日:  更新日:

【ザ・メモリアル・トーナメント 最終日】

「お先真っ暗で終わった」

 松山英樹(26)の言葉が今の状態をよく物語っている。3連覇のかかった2月のフェニックスオープンで左親指付け根痛が発症。それから1カ月以上もツアーを離脱し、復帰後は6試合でトップ10が1度もないなど、もどかしいラウンドが続いていた。

 今大会初日は65をマークして首位タイと久々に好スタートを切りながら、2日目71(4位タイ)、3日目71(7位タイ)とスコアを伸ばせずにズルズル後退。そして最終日も4バーディー、3ボギーの71と“不完全燃焼”ラウンドになり、通算10アンダー13位フィニッシュだった。

 3番パー4でティーショットを右ラフに曲げると、2打目はグリーン手前のクリークにつかまりボギー先行。8番パー3ではパーオンを逃し、2・5メートルのパーパットも決まらずにボギーと前半はショット、パットともかみ合わなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る