復帰後初マルチ大谷 チームPO絶望的も“意に介さず”の理由

公開日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)のバットから快音が響いた。

 右肘靱帯部分断裂から復帰2戦目となった4日(日本時間5日)のマリナーズ戦に「6番・DH」で出場し、4打数2安打2得点。相手の先発右腕リークから、四回の第2打席は一、二塁間を破る右前打。復帰後初安打を放つと、七回には3番手ブラッドフォードから右翼線への二塁打で、5月24日のブルージェイズ戦以来のマルチである。

 チームは日本時間4日現在、貯金も吐き出して、首位アストロズから12.5ゲーム離された4位に低迷、プレーオフ進出も絶望的だ。ヤル気をそがれても不思議ではないが、大谷にその心配はない。

 何しろ筋金入りのマイペース人間だからだ。日本ハムは昨季、前年の優勝からリーグ5位に。大谷が故障で離脱した影響は少なからずあったものの、本人の中に迷惑をかけたからメジャー行きを先延ばしする考えはなかったらしい。メジャー挑戦の夢をかなえるという気持ちはブレなかったそうだ。野手としても出場していた上、ケガや疲労でローテが変更。他の先発陣にシワ寄せがいくケースもあったとはいえ、本人にその自覚はなかったとか。少なくとも周囲はそう見ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る