• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復帰後初マルチ大谷 チームPO絶望的も“意に介さず”の理由

 エンゼルス・大谷翔平(24)のバットから快音が響いた。

 右肘靱帯部分断裂から復帰2戦目となった4日(日本時間5日)のマリナーズ戦に「6番・DH」で出場し、4打数2安打2得点。相手の先発右腕リークから、四回の第2打席は一、二塁間を破る右前打。復帰後初安打を放つと、七回には3番手ブラッドフォードから右翼線への二塁打で、5月24日のブルージェイズ戦以来のマルチである。

 チームは日本時間4日現在、貯金も吐き出して、首位アストロズから12.5ゲーム離された4位に低迷、プレーオフ進出も絶望的だ。ヤル気をそがれても不思議ではないが、大谷にその心配はない。

 何しろ筋金入りのマイペース人間だからだ。日本ハムは昨季、前年の優勝からリーグ5位に。大谷が故障で離脱した影響は少なからずあったものの、本人の中に迷惑をかけたからメジャー行きを先延ばしする考えはなかったらしい。メジャー挑戦の夢をかなえるという気持ちはブレなかったそうだ。野手としても出場していた上、ケガや疲労でローテが変更。他の先発陣にシワ寄せがいくケースもあったとはいえ、本人にその自覚はなかったとか。少なくとも周囲はそう見ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る