• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復帰後初マルチ大谷 チームPO絶望的も“意に介さず”の理由

投稿日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)のバットから快音が響いた。

 右肘靱帯部分断裂から復帰2戦目となった4日(日本時間5日)のマリナーズ戦に「6番・DH」で出場し、4打数2安打2得点。相手の先発右腕リークから、四回の第2打席は一、二塁間を破る右前打。復帰後初安打を放つと、七回には3番手ブラッドフォードから右翼線への二塁打で、5月24日のブルージェイズ戦以来のマルチである。

 チームは日本時間4日現在、貯金も吐き出して、首位アストロズから12.5ゲーム離された4位に低迷、プレーオフ進出も絶望的だ。ヤル気をそがれても不思議ではないが、大谷にその心配はない。

 何しろ筋金入りのマイペース人間だからだ。日本ハムは昨季、前年の優勝からリーグ5位に。大谷が故障で離脱した影響は少なからずあったものの、本人の中に迷惑をかけたからメジャー行きを先延ばしする考えはなかったらしい。メジャー挑戦の夢をかなえるという気持ちはブレなかったそうだ。野手としても出場していた上、ケガや疲労でローテが変更。他の先発陣にシワ寄せがいくケースもあったとはいえ、本人にその自覚はなかったとか。少なくとも周囲はそう見ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る