大谷は二刀流「消滅」の危機…ソーシア監督解任論が浮上

公開日:

 大谷翔平(23)の右肘靱帯部分断裂以降、下降線をたどっているのがエンゼルスだ。

 日本時間11日のツインズ戦から4連敗。同地区首位のマリナーズには2年ぶりの3タテを食らって、その差は7.5ゲームに開いた。

 主砲のトラウトは14日現在、打率.314、23本塁打(メジャートップ)、45打点と気を吐いているものの、「トラウトひとりではどうにもならない」とソーシア監督はタメ息をついた。

 投げて160キロ、打って150メートル。投打にわたって勝利に貢献してきた大谷が戦列を離れ、なおさら存在の大きさを実感しているのだろう。

 離脱した大谷自身もまた、落胆しているに違いない。手術なら1年以上の長期離脱が避けられない大きな故障であることはもちろん、場合によっては「二刀流」が消滅する可能性すら生じるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る