• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

140キロ超投手ズラリ 浦和学院の夏制覇は森監督の腕次第

 浦和学院が圧勝で5年ぶり13度目の夏の甲子園出場を決めた。

 23日、南埼玉大会決勝が行われ、二回に主将でU18高校日本代表候補の蛭間(3年)が3ランを放つなど、5安打で打者10人の猛攻。この回一挙5点を挙げると、ノーシードから勝ち上がった県川口に計19安打を浴びせ、決勝最多となる17点を奪った。打線は今大会を通じ、「逆方向」「インコースをよけない」などを徹底。全6試合で7点以上を叩き出した。

 この日は4人の投手をつないだ。先発でプロ注目の190センチ右腕・渡辺、3番手のスーパー1年生・美又、4番手の背番号1・河北はいずれも140キロ超え。浦和学院の森士監督(54)は「5年前の甲子園で仙台育英に(初戦で)負けて、二度と甲子園に出られないと思っていた。忘れ物を取りに行く」と汗を拭った。

 埼玉県高野連関係者は「近年、こんなに打つ浦学は見たことがない」とチーム力は2013年に小島(現早大)を擁し、センバツを制した代と比べても遜色ないと証言。が、「春に関東大会で優勝して最強の呼び声が高かった昨年、甲子園に行けなかったのはおかしい。森監督の采配、選手起用が原因です」と別の関係者が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  9. 9

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  10. 10

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

もっと見る