140キロ超投手ズラリ 浦和学院の夏制覇は森監督の腕次第

公開日: 更新日:

 浦和学院が圧勝で5年ぶり13度目の夏の甲子園出場を決めた。

 23日、南埼玉大会決勝が行われ、二回に主将でU18高校日本代表候補の蛭間(3年)が3ランを放つなど、5安打で打者10人の猛攻。この回一挙5点を挙げると、ノーシードから勝ち上がった県川口に計19安打を浴びせ、決勝最多となる17点を奪った。打線は今大会を通じ、「逆方向」「インコースをよけない」などを徹底。全6試合で7点以上を叩き出した。

 この日は4人の投手をつないだ。先発でプロ注目の190センチ右腕・渡辺、3番手のスーパー1年生・美又、4番手の背番号1・河北はいずれも140キロ超え。浦和学院の森士監督(54)は「5年前の甲子園で仙台育英に(初戦で)負けて、二度と甲子園に出られないと思っていた。忘れ物を取りに行く」と汗を拭った。

 埼玉県高野連関係者は「近年、こんなに打つ浦学は見たことがない」とチーム力は2013年に小島(現早大)を擁し、センバツを制した代と比べても遜色ないと証言。が、「春に関東大会で優勝して最強の呼び声が高かった昨年、甲子園に行けなかったのはおかしい。森監督の采配、選手起用が原因です」と別の関係者が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  2. 2

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

  5. 5

    学級崩壊寸前の学校も “ブランド公立小学校”の理想と現実

  6. 6

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  7. 7

    52歳娘の仕送りで困窮…ひきこもり長引かせた86歳父の地獄

  8. 8

    中学受験とお金<下>成功の秘訣は外遊びと毎日のドリル習慣

  9. 9

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る