• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

強豪校でスーパー1年生続々 高校で活躍する中学生の発掘法

 高校野球の夏の地方大会が開幕直前の各地で、強豪校の1年生の活躍が報じられている。

 昨夏の甲子園優勝の花咲徳栄(埼玉)の井上朋也は、横浜(神奈川)との練習試合で152キロ左腕の及川(2年)から本塁打。生駒ボーイズ(奈良)出身で、ボーイズ日本代表の一員として世界大会で優勝している。

 東海大相模(神奈川)で4番を任される西川僚祐は、大阪桐蔭のプロ注目投手の柿木、横川(ともに3年)から適時打を放った。佐倉シニア(千葉)の主将として昨夏のジャイアンツカップで優勝した大砲だ。

■大阪桐蔭には全国を見て回るスカウトが

 その大阪桐蔭でも、投手の仲三河優太がデビュー。小山ボーイズ(栃木)ではジャイアンツカップで準優勝投手となり、U15日本代表。小山ボーイズはいい選手が多く、横浜高の指導者時代に、私も勧誘に行ったことがある。当時の主力はだいたい浦和学院(埼玉)に進学していた。栃木なら作新学院もあるが、全国制覇やプロを目指したいと本人が選んだのだろう。大阪桐蔭には週末に全国の中学生を見て回るスカウトがいる。とはいえ、この辺はテリトリーではなかったはずだ。トップクラスがこぞって大阪桐蔭を目指す時代。関東の強豪校は危機感を持つべきだ。

 どんな中学生が高校野球で活躍するか。見るポイントがいくつかある。投手なら、スライダーなどのいい変化球があり、ストライクが取れるか、決め球になるキレがあるか。バランス良く投げているか。1年の夏から使える投手の目安は、直球135キロだ。

 打者なら、まずスイングスピードの速さと、今はほとんどの投手が投げるスライダーの打ち方を見る。前に突っ込んでいないか。反応し過ぎて崩されていないか。壁をつくって間が取れていれば、高校でもいい打者になる確率が高い。

 前述したような1年生は、中学生の段階でズバぬけている。

 強くないチームのいい選手や、横浜高の教え子・松坂大輔(現中日)のように、ノーコン投手でも、鍛え方によってはモノになるかもしれない未知数の中学生を発掘するのも、スカウトの醍醐味である。

「スーパー1年生」で思い出すのは、やはりPL学園(大阪)の清原和博、桑田真澄のKKコンビ。私が横浜商(神奈川)のコーチ時代、1983年夏の甲子園決勝で対戦したから思い出深い。4番の清原はスイングスピードで打球を運ぶ。エースの桑田のカーブはブレーキが利いていて、曲がり方が鋭角的だった。二塁走者を2度見ないことや、カーブを3球続けないなどの自身のクセに気付き、試合中に修正してきた頭の良さ、野球センスは、とても15歳とは思えないものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る