• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

強豪校でスーパー1年生続々 高校で活躍する中学生の発掘法

 高校野球の夏の地方大会が開幕直前の各地で、強豪校の1年生の活躍が報じられている。

 昨夏の甲子園優勝の花咲徳栄(埼玉)の井上朋也は、横浜(神奈川)との練習試合で152キロ左腕の及川(2年)から本塁打。生駒ボーイズ(奈良)出身で、ボーイズ日本代表の一員として世界大会で優勝している。

 東海大相模(神奈川)で4番を任される西川僚祐は、大阪桐蔭のプロ注目投手の柿木、横川(ともに3年)から適時打を放った。佐倉シニア(千葉)の主将として昨夏のジャイアンツカップで優勝した大砲だ。

■大阪桐蔭には全国を見て回るスカウトが

 その大阪桐蔭でも、投手の仲三河優太がデビュー。小山ボーイズ(栃木)ではジャイアンツカップで準優勝投手となり、U15日本代表。小山ボーイズはいい選手が多く、横浜高の指導者時代に、私も勧誘に行ったことがある。当時の主力はだいたい浦和学院(埼玉)に進学していた。栃木なら作新学院もあるが、全国制覇やプロを目指したいと本人が選んだのだろう。大阪桐蔭には週末に全国の中学生を見て回るスカウトがいる。とはいえ、この辺はテリトリーではなかったはずだ。トップクラスがこぞって大阪桐蔭を目指す時代。関東の強豪校は危機感を持つべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る