“甲子園練習なし”の波紋…相手分析できず番狂わせ続出か

公開日:

 今夏の甲子園は100回の記念大会。出場校が例年の「49」から「56」に増えて時間と場所に制約が生じるためか、今年は甲子園練習が行われない。代わりに31日から3日間、ベンチやグラウンドなどを見学することになったが、これにアタマを抱えているのが甲子園常連校の監督だ。

「代表校が実際に甲子園で行う練習は、その学校の実力なり特徴を把握する格好の場。ウチが甲子園に出るときは、自分かコーチが必ずチェックしています」と、東日本のある強豪校監督がこう続ける。

「特にチェックするのはシートノックですね。内外野の守備範囲や肩の強さ、中でもショート、セカンド、キャッチャーの動きはよく見ます。ショートなら三遊間の深い位置からのスローイングはどうかとかね。キャッチャーの動きなんかどうやって見る? ノッカーが本塁の前にバントを転がした直後の身のこなしや、二塁への送球のスピードをチェックします。エースの球のキレや持っている球種などは地方大会のビデオでもだいたい把握できますけど、ディフェンスの細かい特徴までは試合だけではなかなかつかめませんから。甲子園練習がないのはハッキリ言って痛手です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る