“甲子園練習なし”の波紋…相手分析できず番狂わせ続出か

公開日: 更新日:

 今夏の甲子園は100回の記念大会。出場校が例年の「49」から「56」に増えて時間と場所に制約が生じるためか、今年は甲子園練習が行われない。代わりに31日から3日間、ベンチやグラウンドなどを見学することになったが、これにアタマを抱えているのが甲子園常連校の監督だ。

「代表校が実際に甲子園で行う練習は、その学校の実力なり特徴を把握する格好の場。ウチが甲子園に出るときは、自分かコーチが必ずチェックしています」と、東日本のある強豪校監督がこう続ける。

「特にチェックするのはシートノックですね。内外野の守備範囲や肩の強さ、中でもショート、セカンド、キャッチャーの動きはよく見ます。ショートなら三遊間の深い位置からのスローイングはどうかとかね。キャッチャーの動きなんかどうやって見る? ノッカーが本塁の前にバントを転がした直後の身のこなしや、二塁への送球のスピードをチェックします。エースの球のキレや持っている球種などは地方大会のビデオでもだいたい把握できますけど、ディフェンスの細かい特徴までは試合だけではなかなかつかめませんから。甲子園練習がないのはハッキリ言って痛手です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る