戦い方熟知 夏の甲子園でモノを言うのは連続出場の経験値

公開日: 更新日:

「甲子園でも勝つような学校は、甲子園での戦い方を熟知している。風向きや歓声が、どうプレーに影響するかといったことも含めてね。初出場校の選手は試合が始まっても地に足が着かず、気が付いたら大量点を奪われていたなんてこともザラですから」

 こう言うのは西日本にある甲子園常連校の監督だ。

「だから何年も連続して夏に出たり、春夏連続出場の学校は、たとえ前回、初戦でボロ負けしていたとしても要注意。チーム内に甲子園を経験した選手がいることは大きな強みになる」

 18日は40地区で予選が行われ、昨夏の甲子園で優勝した花咲徳栄(北埼玉)、8年連続出場を目指す作新学院(栃木)、3年連続出場を狙う山梨学院(山梨)が4強入り。3年連続出場のかかる盛岡大付(岩手)、木更津総合(東千葉)はベスト8に進んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る