春のセンバツ出場を逃した学校に夏躍進の可能性がある根拠

公開日:  更新日:

 甲子園に何年も続けて出場したり、春夏と連続で出てきたりする学校は、それなりに力を持っている。

 選手も監督も経験値が高く、甲子園の雰囲気にのまれることもない。勝って当然と言えば当然だが、「昨秋、各都道府県や地区の代表としてセンバツのかかった大会に駒を進めながら敗退、翌年のセンバツ出場を逃した学校もかなり実力があるとみていい」と、西日本のある強豪校の監督がこう続ける。

「センバツを逃した悔しさがバネになるケースが多いのです。都道府県大会で上位に食い込むくらいだからもともと力はあるうえ、センバツに出られなかった分、早い段階から目標を夏一本に絞ったチームづくりができますからね」

 例えば昨夏の甲子園で初優勝した花咲徳栄(埼玉)は前年秋の県大会2位で関東大会へ行ったものの、初戦で慶応にコールド負け。昨夏の甲子園で8強入りした明豊(大分)は県大会を制して九州大会に進出するも、初戦で東海大福岡に延長戦の末に惜敗している。ともにセンバツ出場は逃したが、夏一本に絞ったチームづくりが奏功した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る