春のセンバツ出場を逃した学校に夏躍進の可能性がある根拠

公開日: 更新日:

 甲子園に何年も続けて出場したり、春夏と連続で出てきたりする学校は、それなりに力を持っている。

 選手も監督も経験値が高く、甲子園の雰囲気にのまれることもない。勝って当然と言えば当然だが、「昨秋、各都道府県や地区の代表としてセンバツのかかった大会に駒を進めながら敗退、翌年のセンバツ出場を逃した学校もかなり実力があるとみていい」と、西日本のある強豪校の監督がこう続ける。

「センバツを逃した悔しさがバネになるケースが多いのです。都道府県大会で上位に食い込むくらいだからもともと力はあるうえ、センバツに出られなかった分、早い段階から目標を夏一本に絞ったチームづくりができますからね」

 例えば昨夏の甲子園で初優勝した花咲徳栄(埼玉)は前年秋の県大会2位で関東大会へ行ったものの、初戦で慶応にコールド負け。昨夏の甲子園で8強入りした明豊(大分)は県大会を制して九州大会に進出するも、初戦で東海大福岡に延長戦の末に惜敗している。ともにセンバツ出場は逃したが、夏一本に絞ったチームづくりが奏功した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る