• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高校・大学生に完敗か 今年の社会人「ドラ1候補ゼロ」の声

「今年の社会人は不作を通り越して凶作だね」

 24日、大阪ガス(大阪市)の優勝で幕を閉じた都市対抗野球。ネット裏にいた在阪球団のあるスカウトがタメ息をつきながらこう言った。

 スカウトたちの話を総合すると、ドラフトで上位指名される可能性があるのは投手でホンダの斎藤友貴哉(23=右左)、日本通運の生田目翼(23=右右)、パナソニックの吉川峻平(23=右右)、野手は東京ガスの笹川晃平外野手(24=右右)くらいだという。

「斎藤と生田目は150キロを超す速球が武器だし、吉川は球速は140キロ台中盤ながら投手としてまとまっている。笹川は足と肩は十分だし、パンチ力もあるからね」(前出のスカウト)

 しかし、彼らが1位候補の12人に入るかといえば疑問だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る