トレード加入の曽根は保険…広島二遊間コンビ補強の本命は

公開日: 更新日:

 広島の美間優槻(24)とソフトバンクの曽根海成(23)の交換トレードが22日、両球団から発表された。内野手の層を厚くしたい思惑が一致。補強期限の今月31日を迎える前に、交渉がまとまった。広島の鈴木球団本部長は曽根の獲得について「肩と足と守備を備えている。二遊間に何かあった時にどこでも守れるし、外野もできる。戦力として考えたら、代走、守備固め。いざという時の捕手」と説明した。

 同本部長が言うように、広島のウリである二塁・菊池、遊撃・田中の代わりがいないのが不安視されている。短期間なら正三塁手の西川を回してしのげても、長期離脱になると、二軍にもめぼしい選手は見当たらないという。

 リーグ3連覇を狙い、首位を快走する広島。黄金時代に突入したようで実は、主力のFA流出危機を迎えている。今季、松山が国内FA権を取得。丸も取得予定となっている。順調なら来季中に菊池、2年後には田中が取る予定。広島の関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  4. 4

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る