カンボジア代表監督就任で囁かれる 本田“二刀流”真の狙い

公開日:

 前代未聞の“二刀流”である。

 サッカー元日本代表MFの本田圭佑(32)が12日、カンボジア代表のGMに就任したと発表。チーム編成や指揮などの全権を託され、実質的に監督の役割を果たすという。本田は今月6日に豪州リーグのメルボルン・ビクトリーへの移籍を発表したばかり。プノンペンで会見した本人は、現役選手と代表監督を兼任する異例の“二足のわらじ”に「こういう契約は世界のどこを見ても初めてだと思う。カンボジアサッカーのスタイルを確立し、魅力を世界にアピールしたい」と笑顔を見せたが、サッカー関係者は冷ややかだ。

「報酬はなしで、もらうのはカンボジアへの移動費のみ。国際Aマッチではベンチ入りして実質的に采配を振るというものの、それ以外は週1回か2回のビデオ電話でGMの役割を果たしていくという。それで果たして代表の強化ができるのか。できませんよ。本田はすでにカンボジアでサッカークラブの経営に乗りだしていて、自身の個人投資ファンドによる現地でのビジネス活動の足掛かりをつくっている。ドローンによる物流システムの構築がその一つだといわれていますが、今回の代表監督就任もそんなビジネスがメインとしか思えません」

 カンボジアはW杯出場経験がなく、FIFAランキングは166位。GMだろうが、実質的監督だろうが、片手間での関わりでは限界がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る