田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

本田圭佑の投資家然とした立ち振舞いに違和感を覚える

公開日: 更新日:

 暑くて寝苦しい日が続く中、強烈な違和感がぬぐい切れず、いよいよ眠れなくなるという悪循環に陥っている。

 まずは「本田のCK」だ。ロシアW杯ベルギー戦。2―2で迎えた後半終了間際。高速カウンターのえじきとなり、西野ジャパンは敗れ去った。 ベルギーのカウンターは、間違いなく「練習の成果」だった。GKがキャッチした瞬間、選手はカウンターを予見して走り始めた。日本代表が苦手とする「攻守の切り替えの遅さ」を研究された格好だが、失点の端緒は「本田の蹴った山なりCK」ではないか?

 GKクルトワは身長199センチ。空中戦で競り合っても日本人に勝機は薄い。ショートコーナーなど他に手立てはあったはず。ベルギー戦1失点目の相手ヘディングもそうだったが、フワッとした軌道を思い出すたびにやるせない気持ちになる。

 DF吉田が「ミスした者を叩きのめす悪しき風潮が蔓延しているこの国で、チームスポーツで仲間が苦しんでいる時いかに助け合えるか……」とGK川島との写真とともにツイッターに上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る