壮行試合で株上げたU18根尾・藤原・小園の知られざるキズ

公開日:

 小園については「打撃に関しては小力もあって言うことはないが、問題があるとすれば肩とスローイングかな」とは、前出のスカウト。

 小園といえば広い守備範囲が売り。守備位置は内外野の境目あたり、高校生にしてはかなり深いことで知られるが、

「深く守っている割に肩はそれほどではない。広い守備範囲をカバーしているのは彼の足です。あとはスローイングでしょう。捕球してから投げるまでは速いが、投げるときに下半身をうまく使えていないのです」

■藤原は膝痛が厄介

 藤原はどうか。在阪球団のスカウトは「打撃と膝の故障が気になる」と言う。

「打つときにかかと体重になるケースが多い。そうなると左腕の外角に逃げていくスライダーに対応できない。日本ハムに入った清宮も、この傾向があった。あとは春先に痛めたという膝かな。膝は体を動かすときにキーとなる場所。成長痛の類いならともかく、高校時代に膝を痛めていると後々、厄介です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る