• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アジア大会決勝は韓国と 東京五輪に生き残るU21選手の名前

「たとえば1トップFW前田、2列目のシャドーの左サイドでプレーするMF岩崎、右サイドのFW旗手の3人が攻撃を担当しているが、いずれも持ち味を発揮してUAE守備陣を脅かしたとはいえず、2020年東京五輪代表の主軸を任せられるイメージは湧いてこない。UAE戦で大会2ゴール目を決めた上田はJクラブ所属選手ではないが、ゴールの枠内にボールを蹴り入れるセンスがあり、大事な局面でゴールを決める勝負強さも持っている。面白い存在と言えるでしょう。DF陣では立田、UAE戦は出場停止の身長186センチの仙台・板倉滉(21)がA代表でどんなプレーを見せてくれるのか、非常に興味深い存在です」

 森保五輪代表は、9月1日午後8時30分キックオフの決勝で韓国と対戦する。韓国は英プレミアのトットナムでゴール量産中のFWソン・フンミン(26)を含め、五輪代表の年齢制限23歳を超えるオーバーエージ3人枠をフルに活用し、決勝トーナメント以降はケタ違いの強さを見せつけている。

 宿敵にボロ負けすれば「森保五輪全体の評価ダウンにもつながる」と前出の六川氏。森保監督は、決勝進出でホッとしている暇はない――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る