アジア大会決勝は韓国と 東京五輪に生き残るU21選手の名前

公開日: 更新日:

「たとえば1トップFW前田、2列目のシャドーの左サイドでプレーするMF岩崎、右サイドのFW旗手の3人が攻撃を担当しているが、いずれも持ち味を発揮してUAE守備陣を脅かしたとはいえず、2020年東京五輪代表の主軸を任せられるイメージは湧いてこない。UAE戦で大会2ゴール目を決めた上田はJクラブ所属選手ではないが、ゴールの枠内にボールを蹴り入れるセンスがあり、大事な局面でゴールを決める勝負強さも持っている。面白い存在と言えるでしょう。DF陣では立田、UAE戦は出場停止の身長186センチの仙台・板倉滉(21)がA代表でどんなプレーを見せてくれるのか、非常に興味深い存在です」

 森保五輪代表は、9月1日午後8時30分キックオフの決勝で韓国と対戦する。韓国は英プレミアのトットナムでゴール量産中のFWソン・フンミン(26)を含め、五輪代表の年齢制限23歳を超えるオーバーエージ3人枠をフルに活用し、決勝トーナメント以降はケタ違いの強さを見せつけている。

 宿敵にボロ負けすれば「森保五輪全体の評価ダウンにもつながる」と前出の六川氏。森保監督は、決勝進出でホッとしている暇はない――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る