U-21アジア4強進出の裏で 森保監督に早くも“兼任”の弊害が

公開日:

 東京五輪世代のU―21(21歳以下)日本代表がインドネシアで開催中のアジア大会でベスト4に進み、指揮官の森保一監督(50)もホッとひと息ついているだろう。というのもロシアW杯後、A代表の監督を兼務することになった際に「アジアの大会ではベスト4以上が絶対条件」と明言。ノルマを果たしたからだ。

「4強入りで準決勝のUAE戦(日本時間29日午後9時30分キックオフ)に負けて決勝に進めなくても、3位決定戦があるので計7試合を戦うことができる。21歳以下の若い選手にとっては、得難い国際経験になるので指揮官も本当に喜んでいる」(サッカー関係者)

 しかし――。勝ち上がったことでジレンマにさいなまれてもいる。

■30日にA代表を発表

「フル代表の初陣となるキリンチャレンジ杯が9月7日に札幌で、11日に大阪で行われるが、森保監督はもちろん横内コーチ、下田コーチ、松本フィジカルコーチら代表スタッフも当然インドネシアに“足止め”されている状態。Jリーグの試合を実際に視察して国内組から、フル代表にピックアップする作業もままならないし、欧州組の映像をチェックする時間も限られている。札幌でのチリ戦、大阪でのコスタリカ戦のメンバーをどうするか、森保監督はインドネシアでウンウンうなっていることでしょう」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る