U-21アジア4強進出の裏で 森保監督に早くも“兼任”の弊害が

公開日: 更新日:

 東京五輪世代のU―21(21歳以下)日本代表がインドネシアで開催中のアジア大会でベスト4に進み、指揮官の森保一監督(50)もホッとひと息ついているだろう。というのもロシアW杯後、A代表の監督を兼務することになった際に「アジアの大会ではベスト4以上が絶対条件」と明言。ノルマを果たしたからだ。

「4強入りで準決勝のUAE戦(日本時間29日午後9時30分キックオフ)に負けて決勝に進めなくても、3位決定戦があるので計7試合を戦うことができる。21歳以下の若い選手にとっては、得難い国際経験になるので指揮官も本当に喜んでいる」(サッカー関係者)

 しかし――。勝ち上がったことでジレンマにさいなまれてもいる。

■30日にA代表を発表

「フル代表の初陣となるキリンチャレンジ杯が9月7日に札幌で、11日に大阪で行われるが、森保監督はもちろん横内コーチ、下田コーチ、松本フィジカルコーチら代表スタッフも当然インドネシアに“足止め”されている状態。Jリーグの試合を実際に視察して国内組から、フル代表にピックアップする作業もままならないし、欧州組の映像をチェックする時間も限られている。札幌でのチリ戦、大阪でのコスタリカ戦のメンバーをどうするか、森保監督はインドネシアでウンウンうなっていることでしょう」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る