異色の選手監督兼任 本田圭佑“二足のワラジ”の先の大野望

公開日:

 オーストラリア1部リーグのメルボルンに新天地を求めた元日本代表MF本田圭佑(32)が、カンボジア代表の実質的な監督とゼネラルマネジャーを務めることになり、大きなニュースとして世界中を飛び交った。

 というのも、サッカー界で「監督と選手を兼任する」というのは、非常に少ないからである。

 国内では、日本リーグ時代にヤンマー(現C大阪)で7年間、兼任監督として不世出のストライカー釜本邦茂氏がプレーしたことがあるが、現在はJリーグの規約で「監督及びコーチと選手は兼任できない」とある。

 海外でも英プレミアのチェルシーで兼任監督としてプレーした元オランダ代表MFフリット、現役選手と母国リベリアの代表監督を兼任した元ミランのFWジョージ・ウェアら前例はまれだ。

「本田がトップを務める運営会社は、すでにカンボジアとオーストラリアでサッカークラブの経営に関与しており、今回の一連の動きは、あくまでビジネス戦略の一環です」(サッカー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る