アジア大会決勝は韓国と 東京五輪に生き残るU21選手の名前

公開日:  更新日:

 東京五輪世代のU―21(21歳以下)の日本代表が、インドネシアで開催中のアジア大会で決勝チケットを手に入れた。

 29日、準決勝で中東の強豪UAEと対戦。法政大FW上田綺世(20)がズバッと決勝弾を叩き込み、優勝した10年大会以来となる2大会ぶりの決勝進出を決めたのだ。

 序盤から日本が優位に試合を進め、前半10分と24分にFW旗手怜央(20=順大)がシュートを放つが、ゴールの枠を捉え切れない。42分にはMF岩崎悠人(20=京都)が左からのクロスに左足を合わせてダイレクトシュート。しかし当たり損ないのボールは、勢いを失ってGKに難なくキャッチされてしまった。

 後半19分に旗手に代わって投入された上田が直後に決定機をお膳立てした。FW前田大然(20=松本)に絶妙なスルーパス。GKと1対1となった前田は、ゴール左下を狙って右足を振り抜いた……までは良かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る