アジア大会決勝は韓国と 東京五輪に生き残るU21選手の名前

公開日:  更新日:

 東京五輪世代のU―21(21歳以下)の日本代表が、インドネシアで開催中のアジア大会で決勝チケットを手に入れた。

 29日、準決勝で中東の強豪UAEと対戦。法政大FW上田綺世(20)がズバッと決勝弾を叩き込み、優勝した10年大会以来となる2大会ぶりの決勝進出を決めたのだ。

 序盤から日本が優位に試合を進め、前半10分と24分にFW旗手怜央(20=順大)がシュートを放つが、ゴールの枠を捉え切れない。42分にはMF岩崎悠人(20=京都)が左からのクロスに左足を合わせてダイレクトシュート。しかし当たり損ないのボールは、勢いを失ってGKに難なくキャッチされてしまった。

 後半19分に旗手に代わって投入された上田が直後に決定機をお膳立てした。FW前田大然(20=松本)に絶妙なスルーパス。GKと1対1となった前田は、ゴール左下を狙って右足を振り抜いた……までは良かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る