アジア大会決勝は韓国と 東京五輪に生き残るU21選手の名前

公開日: 更新日:

 東京五輪世代のU―21(21歳以下)の日本代表が、インドネシアで開催中のアジア大会で決勝チケットを手に入れた。

 29日、準決勝で中東の強豪UAEと対戦。法政大FW上田綺世(20)がズバッと決勝弾を叩き込み、優勝した10年大会以来となる2大会ぶりの決勝進出を決めたのだ。

 序盤から日本が優位に試合を進め、前半10分と24分にFW旗手怜央(20=順大)がシュートを放つが、ゴールの枠を捉え切れない。42分にはMF岩崎悠人(20=京都)が左からのクロスに左足を合わせてダイレクトシュート。しかし当たり損ないのボールは、勢いを失ってGKに難なくキャッチされてしまった。

 後半19分に旗手に代わって投入された上田が直後に決定機をお膳立てした。FW前田大然(20=松本)に絶妙なスルーパス。GKと1対1となった前田は、ゴール左下を狙って右足を振り抜いた……までは良かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る