• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アジア大会決勝は韓国と 東京五輪に生き残るU21選手の名前

 東京五輪世代のU―21(21歳以下)の日本代表が、インドネシアで開催中のアジア大会で決勝チケットを手に入れた。

 29日、準決勝で中東の強豪UAEと対戦。法政大FW上田綺世(20)がズバッと決勝弾を叩き込み、優勝した10年大会以来となる2大会ぶりの決勝進出を決めたのだ。

 序盤から日本が優位に試合を進め、前半10分と24分にFW旗手怜央(20=順大)がシュートを放つが、ゴールの枠を捉え切れない。42分にはMF岩崎悠人(20=京都)が左からのクロスに左足を合わせてダイレクトシュート。しかし当たり損ないのボールは、勢いを失ってGKに難なくキャッチされてしまった。

 後半19分に旗手に代わって投入された上田が直後に決定機をお膳立てした。FW前田大然(20=松本)に絶妙なスルーパス。GKと1対1となった前田は、ゴール左下を狙って右足を振り抜いた……までは良かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る