アジア大会4強もここから正念場…森保五輪代表に3つの課題

公開日: 更新日:

 東京五輪世代のU―21(21歳以下)日本代表が27日、インドネシアで開催中のアジア大会準々決勝でサウジアラビアU―21代表と対戦。2―1で勝利し、2大会ぶりのベスト4進出を決めた。

 殊勲者は、京都所属の20歳MF岩崎悠人だ。

 前半31分、DF杉岡大暉(19=湘南)のクロスを相手DFがトラップした瞬間、1トップのFW前田大然(20=松本)がボールを奪ってマイナス方向にパス。走り込んだ岩崎が、右足インサイドでGKの頭越しにシュート。技アリの先制弾が決まった。しかし、8分後にアンラッキーな同点ゴールを決められた。相手のシュートをGK小島亨介(21=早大)が右足でブロック。跳ね返ったボールがDF立田悠悟(20=清水)に当たり、不運なオウンゴールである。

 後半は一進一退の展開が続いたが、同28分に日本に決勝点が生まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る