アジア大会4強もここから正念場…森保五輪代表に3つの課題

公開日:

 東京五輪世代のU―21(21歳以下)日本代表が27日、インドネシアで開催中のアジア大会準々決勝でサウジアラビアU―21代表と対戦。2―1で勝利し、2大会ぶりのベスト4進出を決めた。

 殊勲者は、京都所属の20歳MF岩崎悠人だ。

 前半31分、DF杉岡大暉(19=湘南)のクロスを相手DFがトラップした瞬間、1トップのFW前田大然(20=松本)がボールを奪ってマイナス方向にパス。走り込んだ岩崎が、右足インサイドでGKの頭越しにシュート。技アリの先制弾が決まった。しかし、8分後にアンラッキーな同点ゴールを決められた。相手のシュートをGK小島亨介(21=早大)が右足でブロック。跳ね返ったボールがDF立田悠悟(20=清水)に当たり、不運なオウンゴールである。

 後半は一進一退の展開が続いたが、同28分に日本に決勝点が生まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る