アジア大会4強もここから正念場…森保五輪代表に3つの課題

公開日:

 東京五輪世代のU―21(21歳以下)日本代表が27日、インドネシアで開催中のアジア大会準々決勝でサウジアラビアU―21代表と対戦。2―1で勝利し、2大会ぶりのベスト4進出を決めた。

 殊勲者は、京都所属の20歳MF岩崎悠人だ。

 前半31分、DF杉岡大暉(19=湘南)のクロスを相手DFがトラップした瞬間、1トップのFW前田大然(20=松本)がボールを奪ってマイナス方向にパス。走り込んだ岩崎が、右足インサイドでGKの頭越しにシュート。技アリの先制弾が決まった。しかし、8分後にアンラッキーな同点ゴールを決められた。相手のシュートをGK小島亨介(21=早大)が右足でブロック。跳ね返ったボールがDF立田悠悟(20=清水)に当たり、不運なオウンゴールである。

 後半は一進一退の展開が続いたが、同28分に日本に決勝点が生まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る