もうキャッチボール再開 吉田輝星はU18でも酷使されるのか

公開日:

「人殺し!」

 一昨年、台湾で行われたU18アジア選手権決勝戦(日本対台湾)でのことだ。

 5回を1安打無失点に抑えた今井(作新学院=現西武)をにこやかに迎える日本代表ベンチを指さして、さるメジャー球団の米国人スカウトはこう叫んだ。

 今井は夏の甲子園大会で616球を投げて優勝投手に。それから1週間とおかずに壮行試合で2回、予選リーグの台湾戦では4回3分の1を投げて決勝へ。

 そこへもってきて決勝の試合前にはブルペンで100球近く投げ込んでいた。疲労から肘の位置は下がり、明らかに本調子ではなかったにもかかわらず、そんな今井を笑顔で迎えた首脳陣の姿に米国人スカウトの怒りが爆発したのだ。

 今井がプロ1年目の昨年、ファームで7試合に登板しただけで終わったのは、甲子園からU18アジア選手権にかけての酷使と無関係ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る