もうキャッチボール再開 吉田輝星はU18でも酷使されるのか

公開日: 更新日:

「人殺し!」

 一昨年、台湾で行われたU18アジア選手権決勝戦(日本対台湾)でのことだ。

 5回を1安打無失点に抑えた今井(作新学院=現西武)をにこやかに迎える日本代表ベンチを指さして、さるメジャー球団の米国人スカウトはこう叫んだ。

 今井は夏の甲子園大会で616球を投げて優勝投手に。それから1週間とおかずに壮行試合で2回、予選リーグの台湾戦では4回3分の1を投げて決勝へ。

 そこへもってきて決勝の試合前にはブルペンで100球近く投げ込んでいた。疲労から肘の位置は下がり、明らかに本調子ではなかったにもかかわらず、そんな今井を笑顔で迎えた首脳陣の姿に米国人スカウトの怒りが爆発したのだ。

 今井がプロ1年目の昨年、ファームで7試合に登板しただけで終わったのは、甲子園からU18アジア選手権にかけての酷使と無関係ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る