山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

ワイドショーに閉口…金足農・吉田輝星“礼賛”一色の危うさ

公開日: 更新日:

 今夏の甲子園を沸かせた金足農業高(秋田)のエース・吉田輝星投手についての礼賛報道が過熱の一途をたどっている。

 確かに、同大会は日本人が古くから高校野球に求めてきた類型的なドラマツルギーを見事に表していた。地方の清貧な雑草軍団が都市部のエリート軍団に立ち向かう少年漫画的な構図。その雑草軍団を牽引する弱冠17歳の逸材が郷土の夢まで背負わされて奮闘する様子。さらにその逸材は炎暑の中、1人で計881球も投げるなど将来的な投手生命の危機をはらませつつ、一部からの制止の声を振り切って巨大戦力に猛進し、最後は玉砕する。言葉は悪いが、玉砕に美を感じる日本人の性を見せつけられた。

 だからこそ、リテラシーの高まった現代社会では懐疑的な声も少なくない。もちろん、地上波テレビの多くは相変わらず感動ポルノ一色の礼賛報道に終始しているが、世は多様メディアの時代であるから、一部の雑誌やネット媒体では「投手の酷使」「熱中症の危険」「過密な大会日程」など、高校野球につきまとう恒常的な問題についての批判が巻き起こっている。要するに、高校野球は玉砕覚悟の残酷ショーだから輝きを放つのだと理解しつつも、その大衆心理は無責任だと切り捨て、選手ファーストに則った改革を求めているわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  2. 2

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  3. 3

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  6. 6

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  7. 7

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  8. 8

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  9. 9

    石田純一のトホホなYouTubeデビュー…コロナ騒動が後引く

  10. 10

    自民党は菅首相“切り”に動く…果たしてその契機は何なのか

もっと見る