• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

体操・宮川の弁護士に聞く “塚原謝罪”受け入れ拒否の真意

 3日にはテレビ各局に出演し、騒動の火消しに奔走した光男氏は、自身に疑惑がかかっている肝心のパワハラ問題については、「第三者委員会の調査結果や判断に委ねたい」と言葉を濁していた。

■「頭を下げてもらうことが目的ではない」

 ちなみに、91年のボイコット事件では光男氏が責任を取って女子競技委員長を辞任。当時、主任審判だった千恵子氏は「夫の辞任に納得がいかない」と反発しながらも同調する者がほとんどおらず、自身は辞意を撤回している。

 山口弁護士が続ける。

「こちらは、ごめんなさい、と頭を下げてもらうことが目的ではありません。宮川さんと速見(佑斗)コーチが2人で東京五輪を目指せるようになることが最終的な目標であり、そのためには協会の体質を変え、選手がきちんと実力で(代表に)選ばれる環境になる必要があります。2人が辞めたからといってすぐに協会の体質が変わるとは限りませんが、まずは(大きな原因といわれている)お2人には身を引いていただくのが理想かと思っています」

 きょう5日には、すでに暴力行為を認めている速見コーチの謝罪会見が開かれる。

 新たな事実が明らかになるのか、注目が集まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る