世田谷「塚原御殿」周辺から聞こえる“かかあ天下”の実態

公開日: 更新日:

 宮川紗江選手(18)への直接謝罪を希望するなど、全面降伏のポーズを示した日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫の光男副会長(70)。自身のパワハラは認めず、進退についてもだんまりを決め込み、事態の沈静化を図る夫妻の東京・世田谷の自宅を日刊ゲンダイ記者が訪ねた。

 最寄りの京王井の頭線駅前から徒歩20分。トマトやナスなどの畑に囲まれた開けた場所に“塚原御殿”はあった。登記情報によると、1982年に237平方メートルの土地を取得。2003年に建て替えられたお屋敷は、総床面積195平方メートルの2階建て。かなりの金をかけたとみられるステンドグラスや窓アーチなど装飾は立派だ。

 地元の不動産業者によると、建物の価格は低く見積もっても4000万円は下らないという。自宅のインターホンを鳴らしても反応はなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  8. 8

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  9. 9

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  10. 10

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

もっと見る