体操・宮川の弁護士に聞く “塚原謝罪”受け入れ拒否の真意

公開日: 更新日:

 謝罪を突っぱねた。

 塚原夫妻がリオ五輪女子体操代表の宮川紗江(18)からパワハラ被害を告発された問題で、さる2日、夫妻は連名で謝罪文を発表。「宮川紗江選手に対して直接謝罪をさせていただきたい」と、全面降伏の姿勢を見せた。

 このわずか2日前には、宮川の告発に反論する反撃文書を発表。百八十度態度を翻したとあって、宮川サイドの反応が注目されていたが、4日、宮川の代理人である山口政貴弁護士は日刊ゲンダイの取材に「『謝罪を受け入れる意向はありません』とお断りのFAXをお送りしました」と明かした。

 山口弁護士が言う。

「塚原氏の代理人から謝罪の申し入れがありましたので、(4日の)15時ごろに文書でお断りします、とお伝えしました。謝罪文の内容を見ても、ポーズだけ、パフォーマンスだけ、何の誠意もないなという印象の文書。とても額面通りには受け取れません。そもそも、パワハラ行為について認めておりませんし、ご自身の進退についても書かれていない。テレビ各局での(光男副会長の)インタビューの様子を見ても、どうにかして(体操)協会に残り、返り咲きたいという意図が見え隠れしていました印象です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る