• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“アマ枠”ならチャンスあり U18吉田輝星に東京五輪待望論

■清宮にもあった“アマ枠”での待望論

 吉田は代表選手とのコミュニケーションにも余念がない。甲子園で決勝を戦った大阪桐蔭の柿木とは、代表合流後に初めて言葉を交わすと、短期間で同じ布団で寝るほど仲が良くなった。代表関係者は「藤原ら関西出身者にも物おじすることなく、自分から輪の中に飛び込んでいく。唯一の2年生である奥川(星稜)が失点した際、自ら近寄り『なにヒット打たれてるんだよ』と耳元で囁くなど後輩のことも気にかけている。順応性の高い子です」と言う。

 そんな吉田は今、大学進学かプロ入りかで進路を決めかねている。

「これだけの実力と人気がある。今後は大学に進学し、2年後の東京五輪に『アマ枠』で出場して欲しいとの声がある」とは、大学球界関係者。

「五輪はオールプロで臨む方向だが、アマ枠を確保すべきとの意見が出ている。昨年、早大進学かプロかで悩んだ清宮(現日本ハム)に対しても五輪出場待望論があった。吉田はプロ入りしても実績的にメンバー入りは難しい。大学生なら、アマ枠が確保されれば出場チャンスは十分にある」

 6日はキャッチボールなどで調整した吉田を巡る騒動は、大舞台を巻き込むかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る