“アマ枠”ならチャンスあり U18吉田輝星に東京五輪待望論

公開日:

■清宮にもあった“アマ枠”での待望論

 吉田は代表選手とのコミュニケーションにも余念がない。甲子園で決勝を戦った大阪桐蔭の柿木とは、代表合流後に初めて言葉を交わすと、短期間で同じ布団で寝るほど仲が良くなった。代表関係者は「藤原ら関西出身者にも物おじすることなく、自分から輪の中に飛び込んでいく。唯一の2年生である奥川(星稜)が失点した際、自ら近寄り『なにヒット打たれてるんだよ』と耳元で囁くなど後輩のことも気にかけている。順応性の高い子です」と言う。

 そんな吉田は今、大学進学かプロ入りかで進路を決めかねている。

「これだけの実力と人気がある。今後は大学に進学し、2年後の東京五輪に『アマ枠』で出場して欲しいとの声がある」とは、大学球界関係者。

「五輪はオールプロで臨む方向だが、アマ枠を確保すべきとの意見が出ている。昨年、早大進学かプロかで悩んだ清宮(現日本ハム)に対しても五輪出場待望論があった。吉田はプロ入りしても実績的にメンバー入りは難しい。大学生なら、アマ枠が確保されれば出場チャンスは十分にある」

 6日はキャッチボールなどで調整した吉田を巡る騒動は、大舞台を巻き込むかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る