“アマ枠”ならチャンスあり U18吉田輝星に東京五輪待望論

公開日: 更新日:

■清宮にもあった“アマ枠”での待望論

 吉田は代表選手とのコミュニケーションにも余念がない。甲子園で決勝を戦った大阪桐蔭の柿木とは、代表合流後に初めて言葉を交わすと、短期間で同じ布団で寝るほど仲が良くなった。代表関係者は「藤原ら関西出身者にも物おじすることなく、自分から輪の中に飛び込んでいく。唯一の2年生である奥川(星稜)が失点した際、自ら近寄り『なにヒット打たれてるんだよ』と耳元で囁くなど後輩のことも気にかけている。順応性の高い子です」と言う。

 そんな吉田は今、大学進学かプロ入りかで進路を決めかねている。

「これだけの実力と人気がある。今後は大学に進学し、2年後の東京五輪に『アマ枠』で出場して欲しいとの声がある」とは、大学球界関係者。

「五輪はオールプロで臨む方向だが、アマ枠を確保すべきとの意見が出ている。昨年、早大進学かプロかで悩んだ清宮(現日本ハム)に対しても五輪出場待望論があった。吉田はプロ入りしても実績的にメンバー入りは難しい。大学生なら、アマ枠が確保されれば出場チャンスは十分にある」

 6日はキャッチボールなどで調整した吉田を巡る騒動は、大舞台を巻き込むかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  8. 8

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る