打撃さっぱりの日ハム中田翔 このままいけば「守備の人」

公開日:

 日本ハムの中田翔(28)が15日のオリックス戦で実に4年ぶりとなる左翼守備についた。安打で二塁を狙ったマレーロを鋭い送球で刺し、「久々で緊張した」といいつつ、「どこでも守る気持ちはある。しっかりやっていかないといけない」と前を向いた。

 中田は2014年まで主に左翼を守り、強肩も生かしてベストナインを獲得。15年から一塁に専念し、同年から2年連続でゴールデングラブ賞を手にしているが、栗山監督はチーム力向上などの意図もあり、今年はキャンプ前から「三塁をやる可能性もあるし、外野だってある」と複数ポジションでの起用を示唆していた。左翼兼指名打者の助っ人・アルシアが10日の死球でスタメン落ちが続き、パの首位打者(.429)である近藤も昨年に腰のヘルニア手術を受けた影響を配慮され、指名打者での起用が増えている。こうしたチーム事情があるにせよ、左翼再挑戦は中田本人にとってもプラスになるのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る