安倍昌彦
著者のコラム一覧
安倍昌彦スポーツライター

1955年、宮城県生まれ。早大卒。アマ時代に捕手としてプレーした経験を生かし、ドラフト候補のボールを実際に受けて取材するスタイルを確立。通称「流しのブルペン捕手」。自身が責任編集を務める雑誌「野球人」を始め、著書、寄稿は多数。

藤原恭大の「走者を走らせない」スローイングは希少価値

公開日: 更新日:

 バッティングさえ、木製バットに対応できるようになったら、「1番センター」は10年心配なし。そういう選手だと思う。

 本人は<足>にいちばん自信を持っているようだが、私には強肩と守備ワークが強烈な印象になっている。いつでもカットできる高さで70メートル前後投げられるスローイング能力は希少価値があり、強力な実戦力になる。低く伸びる返球は、カットされるのを気にして、走者の進塁意欲を消し去ることができる。走ってくる走者を刺すのも強肩だが、走者を走らせない強肩のほうがさらに質が高い。

 センターを守って、左中間、右中間への<初動>の速さは、天性の反射神経か。おそらく、彼なりの打球方向の<想定>もあるのだろう。それがなければ、ああは素早く反応はできない。

 バッティングは、タイミングの始動が早くなって、明確なトップがとれるようになれば、もっと怖い打者になれる。

 詰まるのを恐れることはない。自分のゾーンで待ち構えられるようになれば、変化球を追いかけることも減ってくるはずだ。

▽ふじわら・きょうた 00年5月6日、大阪府生まれ。181センチ、78キロ。左投左打。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る