BC富山の“再生選手”にプロ熱視線 筆頭は151km右腕投手

公開日: 更新日:

 即戦力の宝庫として、プロ球団から秘かに注目されているのがBCリーグ「富山GRNサンダーバーズ」だ。

 昨オフ、ヤクルト投手コーチを14年間務めた伊藤智仁(48)が監督に就任。投手の育成に力を注ぎ、次々と才能を開花させた。就任時、伊藤監督が「ひとりでも多くの選手をNPB(プロ野球)に送り出してあげたい」と語った抱負通り、今年5月には西武がヒース(33)を獲得。2015年に一度広島をクビになり、今年3月から富山に加入すると、わずか2カ月で「再生」した。

 その手腕が注目され、富山のスタンドにはDeNAやロッテなど、NPBのスカウトたちがこっそり足を運んでいる。彼らが熱視線を向ける筆頭が右腕投手・湯浅京己(19)だ。聖光学院(福島)時代は成長痛による腰痛に苦しめられ、2年秋に内野手から投手へ転向。3年夏の甲子園はベンチ外で、周囲からは大学進学を勧められながらBCリーグのトライアウトを受験した。ドラフト1位で富山に入団し、伊藤監督がフォーム改造に着手。高校3年春に138キロだった球速は最速151キロにアップした。9月末にはDeNAの入団テストに参加。ドラフトでの獲得が検討されているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る