BC富山の“再生選手”にプロ熱視線 筆頭は151km右腕投手

公開日: 更新日:

 即戦力の宝庫として、プロ球団から秘かに注目されているのがBCリーグ「富山GRNサンダーバーズ」だ。

 昨オフ、ヤクルト投手コーチを14年間務めた伊藤智仁(48)が監督に就任。投手の育成に力を注ぎ、次々と才能を開花させた。就任時、伊藤監督が「ひとりでも多くの選手をNPB(プロ野球)に送り出してあげたい」と語った抱負通り、今年5月には西武がヒース(33)を獲得。2015年に一度広島をクビになり、今年3月から富山に加入すると、わずか2カ月で「再生」した。

 その手腕が注目され、富山のスタンドにはDeNAやロッテなど、NPBのスカウトたちがこっそり足を運んでいる。彼らが熱視線を向ける筆頭が右腕投手・湯浅京己(19)だ。聖光学院(福島)時代は成長痛による腰痛に苦しめられ、2年秋に内野手から投手へ転向。3年夏の甲子園はベンチ外で、周囲からは大学進学を勧められながらBCリーグのトライアウトを受験した。ドラフト1位で富山に入団し、伊藤監督がフォーム改造に着手。高校3年春に138キロだった球速は最速151キロにアップした。9月末にはDeNAの入団テストに参加。ドラフトでの獲得が検討されているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る