広島ジョンソンを支える “メジャー級女房”とバッティング

公開日: 更新日:

「今日も『イシ』がいいリードをしてくれたので、彼のミットをめがけて投げるだけだった。『イシ』が自分をもり立ててくれた」

 28日、日本シリーズ第2戦で先発したジョンソン(34)はお立ち台でこう言った。三回まで走者を出さず、7回4安打1失点。「イシ」とは女房役である石原慶幸(39)のことだ。ジョンソンはマイクを向けられるたび、石原の名前を出して称える。

 ジョンソンにとって石原はただの専属捕手ではない。「精神安定剤」でもある。決して英語が堪能ではない石原だが、プロ17年間で培ってきた間の取り方や声のかけ方で助っ人を支えてきた。「打者のことを誰よりも理解しているし、キャッチングはメジャー級。『的』も大きいから安心感がある」と信頼は絶大だ。

 内助の功に加え、好調の原動力となっているのがバッティング。憧れの選手を聞くと、ジョンソンからは意外な名前が飛び出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  7. 7

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

  10. 10

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

もっと見る