広島ジョンソンを支える “メジャー級女房”とバッティング

公開日: 更新日:

「今日も『イシ』がいいリードをしてくれたので、彼のミットをめがけて投げるだけだった。『イシ』が自分をもり立ててくれた」

 28日、日本シリーズ第2戦で先発したジョンソン(34)はお立ち台でこう言った。三回まで走者を出さず、7回4安打1失点。「イシ」とは女房役である石原慶幸(39)のことだ。ジョンソンはマイクを向けられるたび、石原の名前を出して称える。

 ジョンソンにとって石原はただの専属捕手ではない。「精神安定剤」でもある。決して英語が堪能ではない石原だが、プロ17年間で培ってきた間の取り方や声のかけ方で助っ人を支えてきた。「打者のことを誰よりも理解しているし、キャッチングはメジャー級。『的』も大きいから安心感がある」と信頼は絶大だ。

 内助の功に加え、好調の原動力となっているのがバッティング。憧れの選手を聞くと、ジョンソンからは意外な名前が飛び出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る