短期決戦に弱い広島 左打者ズラリで巨人メルセデスに重圧

公開日:

 王者広島の緒方孝市監督(49)は自然体で臨む。「短期決戦は継投は早めになるかもしれないけど、一戦一戦しっかりやるだけ。(先発の大瀬良は)普段通りやってくれたらいい」とシーズンと同じ姿勢で日本シリーズへ導く。

 就任4年目。1年目こそ4位に終わったものの、2年目から球団初のリーグ3連覇を果たした。しかし、ポストシーズンでは苦戦が続く。16年は日本シリーズで日本ハムに2勝4敗。昨季はCSファイナルSでシーズン3位のDeNAに2勝4敗で敗れた。まだ日本一になっていないだけに、緒方監督は内なる闘志を秘めている。

 巨人先発のメルセデスには左打者を並べる。サウスポーだが右打ちを抑え、左打ちに苦戦するデータがある。今季は対左打者が.245、対右打者が.182。菊池、鈴木、捕手以外の野手は、一塁・松山、左翼・野間、三塁は安部か西川。不動の丸と田中を含め、先発野手8人中5人を左打者で固める。助っ人に重圧をかける作戦だ。今季2度の対戦で6回5点、6回3点を奪い、実証済みである。

 むしろ2戦1敗のメルセデスの方に苦手意識がある。広島戦の防御率は6.00。セ・リーグで唯一白星がないのだ。

 今年こそCS突破、今年こそ日本一へ――。「短期決戦に弱い」なんて、もう言わせない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る