短期決戦に弱い広島 左打者ズラリで巨人メルセデスに重圧

公開日: 更新日:

 王者広島緒方孝市監督(49)は自然体で臨む。「短期決戦は継投は早めになるかもしれないけど、一戦一戦しっかりやるだけ。(先発の大瀬良は)普段通りやってくれたらいい」とシーズンと同じ姿勢で日本シリーズへ導く。

 就任4年目。1年目こそ4位に終わったものの、2年目から球団初のリーグ3連覇を果たした。しかし、ポストシーズンでは苦戦が続く。16年は日本シリーズで日本ハムに2勝4敗。昨季はCSファイナルSでシーズン3位のDeNAに2勝4敗で敗れた。まだ日本一になっていないだけに、緒方監督は内なる闘志を秘めている。

 巨人先発のメルセデスには左打者を並べる。サウスポーだが右打ちを抑え、左打ちに苦戦するデータがある。今季は対左打者が.245、対右打者が.182。菊池、鈴木、捕手以外の野手は、一塁・松山、左翼・野間、三塁は安部か西川。不動の丸と田中を含め、先発野手8人中5人を左打者で固める。助っ人に重圧をかける作戦だ。今季2度の対戦で6回5点、6回3点を奪い、実証済みである。

 むしろ2戦1敗のメルセデスの方に苦手意識がある。広島戦の防御率は6.00。セ・リーグで唯一白星がないのだ。

 今年こそCS突破、今年こそ日本一へ――。「短期決戦に弱い」なんて、もう言わせない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る