短期決戦に弱い広島 左打者ズラリで巨人メルセデスに重圧

公開日: 更新日:

 王者広島の緒方孝市監督(49)は自然体で臨む。「短期決戦は継投は早めになるかもしれないけど、一戦一戦しっかりやるだけ。(先発の大瀬良は)普段通りやってくれたらいい」とシーズンと同じ姿勢で日本シリーズへ導く。

 就任4年目。1年目こそ4位に終わったものの、2年目から球団初のリーグ3連覇を果たした。しかし、ポストシーズンでは苦戦が続く。16年は日本シリーズで日本ハムに2勝4敗。昨季はCSファイナルSでシーズン3位のDeNAに2勝4敗で敗れた。まだ日本一になっていないだけに、緒方監督は内なる闘志を秘めている。

 巨人先発のメルセデスには左打者を並べる。サウスポーだが右打ちを抑え、左打ちに苦戦するデータがある。今季は対左打者が.245、対右打者が.182。菊池、鈴木、捕手以外の野手は、一塁・松山、左翼・野間、三塁は安部か西川。不動の丸と田中を含め、先発野手8人中5人を左打者で固める。助っ人に重圧をかける作戦だ。今季2度の対戦で6回5点、6回3点を奪い、実証済みである。

 むしろ2戦1敗のメルセデスの方に苦手意識がある。広島戦の防御率は6.00。セ・リーグで唯一白星がないのだ。

 今年こそCS突破、今年こそ日本一へ――。「短期決戦に弱い」なんて、もう言わせない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る