広島34年ぶり日本一は悲願も…「タナキクマル」の複雑胸中

公開日: 更新日:

 26日、日本シリーズの前日練習に臨んだ広島。34年ぶりの日本一を目指す裏で“懸案事項”を抱える選手がいる。

 国内FA権を取得した丸佳浩(29)だ。今季はリーグ2位の39本塁打。最高出塁率(.468)のタイトルを獲得した。

 CSでも本塁打2発。オフには「FA祝儀」も含めホクホク……といきたいところだが、丸の今季年俸は日本人選手ではチーム最高の2億1000万円。もしFA権を行使すれば、巨人が獲得に乗り出す可能性があるといわれているが、広島はマネーゲームには参加しない方針という。

 丸には昨オフのトラウマがある。7000万円増でサインしたが、球団からはFAを見越した複数年契約の提示はなく、最多安打などのタイトル料もなし。“ケチっぷり”をまざまざと思い知らされている。

 丸だけじゃない。菊池涼介(28=今季年俸1億9000万円)は最短で来オフ、田中広輔(29=同1億4000万円)は2020年オフに国内FA権を取得する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る