広島34年ぶり日本一は悲願も…「タナキクマル」の複雑胸中

公開日: 更新日:

 26日、日本シリーズの前日練習に臨んだ広島。34年ぶりの日本一を目指す裏で“懸案事項”を抱える選手がいる。

 国内FA権を取得した丸佳浩(29)だ。今季はリーグ2位の39本塁打。最高出塁率(.468)のタイトルを獲得した。

 CSでも本塁打2発。オフには「FA祝儀」も含めホクホク……といきたいところだが、丸の今季年俸は日本人選手ではチーム最高の2億1000万円。もしFA権を行使すれば、巨人が獲得に乗り出す可能性があるといわれているが、広島はマネーゲームには参加しない方針という。

 丸には昨オフのトラウマがある。7000万円増でサインしたが、球団からはFAを見越した複数年契約の提示はなく、最多安打などのタイトル料もなし。“ケチっぷり”をまざまざと思い知らされている。

 丸だけじゃない。菊池涼介(28=今季年俸1億9000万円)は最短で来オフ、田中広輔(29=同1億4000万円)は2020年オフに国内FA権を取得する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  6. 6

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  7. 7

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  10. 10

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る