広島34年ぶり日本一は悲願も…「タナキクマル」の複雑胸中

公開日: 更新日:

 26日、日本シリーズの前日練習に臨んだ広島。34年ぶりの日本一を目指す裏で“懸案事項”を抱える選手がいる。

 国内FA権を取得した丸佳浩(29)だ。今季はリーグ2位の39本塁打。最高出塁率(.468)のタイトルを獲得した。

 CSでも本塁打2発。オフには「FA祝儀」も含めホクホク……といきたいところだが、丸の今季年俸は日本人選手ではチーム最高の2億1000万円。もしFA権を行使すれば、巨人が獲得に乗り出す可能性があるといわれているが、広島はマネーゲームには参加しない方針という。

 丸には昨オフのトラウマがある。7000万円増でサインしたが、球団からはFAを見越した複数年契約の提示はなく、最多安打などのタイトル料もなし。“ケチっぷり”をまざまざと思い知らされている。

 丸だけじゃない。菊池涼介(28=今季年俸1億9000万円)は最短で来オフ、田中広輔(29=同1億4000万円)は2020年オフに国内FA権を取得する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  5. 5

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る