広島・丸の驚異の修正能力 19打席ぶり一発で試合を決める

公開日: 更新日:

 ついに目覚めた。

 広島丸佳浩(29)がCSファイナルステージ第1戦の七回にソロ本塁打。3点リードの七回1死走者なしから、巨人4番手・上原のスライダーを右翼スタンドへ叩き込んで試合を決めた。

「打ったのは、スライダー。久しぶりにいいスイングができた。風にもよく乗ってくれた」

 2日の阪神戦以来19打席ぶりとなる一発に「効率のいい点の取り方だった」と安堵の表情を見せれば、緒方監督も「丸にしろ、打線がよく打ったね。集中していた」と称賛した。

 MVP最有力候補が苦しんでいた。今季.468で最高出塁率の男が、シーズン最後の6試合は21打数1安打と極度の不振に陥った。本塁打王に手が届きかけたものの、39本のまま停滞。タイトルをDeNAのソトにさらわれ、打率は.306まで降下した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る