広島・丸の驚異の修正能力 19打席ぶり一発で試合を決める

公開日: 更新日:

 ついに目覚めた。

 広島の丸佳浩(29)がCSファイナルステージ第1戦の七回にソロ本塁打。3点リードの七回1死走者なしから、巨人4番手・上原のスライダーを右翼スタンドへ叩き込んで試合を決めた。

「打ったのは、スライダー。久しぶりにいいスイングができた。風にもよく乗ってくれた」

 2日の阪神戦以来19打席ぶりとなる一発に「効率のいい点の取り方だった」と安堵の表情を見せれば、緒方監督も「丸にしろ、打線がよく打ったね。集中していた」と称賛した。

 MVP最有力候補が苦しんでいた。今季.468で最高出塁率の男が、シーズン最後の6試合は21打数1安打と極度の不振に陥った。本塁打王に手が届きかけたものの、39本のまま停滞。タイトルをDeNAのソトにさらわれ、打率は.306まで降下した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る