今季2勝目のささきしょうこ 初V逃した三ヶ島かなとの違い

公開日: 更新日:

【三菱電機レディス】

 2打差2位タイ発進のささきしょうこ(22)が68で回り逆転で今季2勝目(通算3勝)を挙げ、初優勝のチャンスだった単独首位発進の三ケ島かな(22)は74と崩れて3位に終わった。

 2人は最終組で回り、未勝利とすでに2勝という経験の差が出たといってしまえばそれまでだが、三ケ島も3番からの3連続ボギー後はすべてパープレーに徹した。

「(プレッシャーは)感じていたのですが、やる気の方が強かったので、そこまでは感じていなかった。(パットは)ラインが合わなかった。(焦りが)少しあった」(三ケ島)

 直接対決になった2人は何が違ったのか、田原紘プロがこう解説する。

「ゲームプランの優劣が勝敗を左右したといえます。三ケ島は初日、2日目とも67で回っており、この日も67でなければ勝てないと最高のショットを望んで毎ホール、毎ホールきっちりプレーしていた。ただ2つか3つスコアを伸ばして、それで負けたのなら仕方ないと考えられなかった。余裕のないゴルフになって攻め続けた結果、難しいピン位置につられて、グリーンを外すシーンが多かった。目標を高いところに置くことはいいことだが、攻める、逃げるの判断が甘い。ささきは、そこそこでいい、チャンスをモノにすればいいという戦い方だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る