今季2勝目のささきしょうこ 初V逃した三ヶ島かなとの違い

公開日: 更新日:

【三菱電機レディス】

 2打差2位タイ発進のささきしょうこ(22)が68で回り逆転で今季2勝目(通算3勝)を挙げ、初優勝のチャンスだった単独首位発進の三ケ島かな(22)は74と崩れて3位に終わった。

 2人は最終組で回り、未勝利とすでに2勝という経験の差が出たといってしまえばそれまでだが、三ケ島も3番からの3連続ボギー後はすべてパープレーに徹した。

「(プレッシャーは)感じていたのですが、やる気の方が強かったので、そこまでは感じていなかった。(パットは)ラインが合わなかった。(焦りが)少しあった」(三ケ島)

 直接対決になった2人は何が違ったのか、田原紘プロがこう解説する。

「ゲームプランの優劣が勝敗を左右したといえます。三ケ島は初日、2日目とも67で回っており、この日も67でなければ勝てないと最高のショットを望んで毎ホール、毎ホールきっちりプレーしていた。ただ2つか3つスコアを伸ばして、それで負けたのなら仕方ないと考えられなかった。余裕のないゴルフになって攻め続けた結果、難しいピン位置につられて、グリーンを外すシーンが多かった。目標を高いところに置くことはいいことだが、攻める、逃げるの判断が甘い。ささきは、そこそこでいい、チャンスをモノにすればいいという戦い方だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  9. 9

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る