精彩欠いた松山 テーピングの右手親指に何が起きている?

公開日: 更新日:

【WGC―HSBC選手権】

 2018―19年シーズン2戦目の松山英樹(26)は、初日3バーディー、3ボギーのパープレーで回り、首位と8打差の27位タイと出遅れた。

「ドライバーはいい感じで打てているが、アイアンは、なかなか思うように打てない。ショートゲームも粘れなかった。スイング自体の問題だと思う」(松山)

 この日は右手親指にテーピングをしてのプレーだった。小暮博則プロがこう解説する。

「世界の一流プレーヤーはトップ・オブ・スイングで静止しませんが、松山はトップで止まります。すると切り返しからヘッドスピードを出すために右手親指に負担がかかるのがひとつの原因でしょう。

 さらにクラブを地面に思い切り叩きつける動きが入るためトウダウンが激しくなる。ヘッドスピードを上げて飛距離を出したいのですが、トウダウンが起きれば方向性が悪くなる。そこで、今度は右手親指内側でブレーキをかけてしまう。ドライバーはティーアップしているので軌道をつくりやすいのですが、アイアンは地面にあるボールを打ち、ターフも取るなど手にくる衝撃は大きい。コースを攻めたいのはやまやまですが、思い切ってクラブを振ればテーピングをしていても右手親指が痛くなる。あるいは昨春痛めた左手親指つけ根をかばって、右手親指を酷使しているのかもしれない。ケガをしてればパフォーマンスも上がらず、不安を抱えながらのプレーでは爆発スコアを出すのも大変でしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!