今季未勝利の絶不調…イ・ボミのスイングを徹底解析する

公開日: 更新日:

【樋口久子 三菱電機レディス】

 2年前まで圧倒的な強さを誇ったイ・ボミ(30)が冴えない。今季は未勝利でトップ10は一度もなく、予選落ち9回、棄権1回。賞金ランク88位(約640万円)と、年間2億円を稼いでいたころとは別人だ。

 初日(26日)は3バーディー、3ボギーのイーブンパー37位だった。

 この日、フェアウエーを外したのは1ホールだが、パーオンしたのは9ホール(50%)だけ。

 ドライバーの正確性は高いが、グリーンを狙うアイアンに問題があるのがわかる。会場でイ・ボミのスイングをチェックした小暮博則プロがこう解説する。

「かつてイ・ボミが強かったころはトップでシャフトが飛球線とクロスしていましたが、今ではレイドオフです。トップからの切り返しがフラットになって、ドライバーの精度は上がっている。ただ、アイアンについては、トップで手の位置が高く、ダウンブローに打っていたのが、レイドオフを取り入れてフラット気味のスイングになり、入射角が緩やかになった。今までなじんだ繊細な感覚が変わり、タテの距離感が合わなくなっていると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  5. 5

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  6. 6

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  7. 7

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る