今季未勝利の絶不調…イ・ボミのスイングを徹底解析する

公開日: 更新日:

【樋口久子 三菱電機レディス】

 2年前まで圧倒的な強さを誇ったイ・ボミ(30)が冴えない。今季は未勝利でトップ10は一度もなく、予選落ち9回、棄権1回。賞金ランク88位(約640万円)と、年間2億円を稼いでいたころとは別人だ。

 初日(26日)は3バーディー、3ボギーのイーブンパー37位だった。

 この日、フェアウエーを外したのは1ホールだが、パーオンしたのは9ホール(50%)だけ。

 ドライバーの正確性は高いが、グリーンを狙うアイアンに問題があるのがわかる。会場でイ・ボミのスイングをチェックした小暮博則プロがこう解説する。

「かつてイ・ボミが強かったころはトップでシャフトが飛球線とクロスしていましたが、今ではレイドオフです。トップからの切り返しがフラットになって、ドライバーの精度は上がっている。ただ、アイアンについては、トップで手の位置が高く、ダウンブローに打っていたのが、レイドオフを取り入れてフラット気味のスイングになり、入射角が緩やかになった。今までなじんだ繊細な感覚が変わり、タテの距離感が合わなくなっていると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る