広島ナイン驚愕 “甲斐キャノン”は強肩と送球だけじゃない

公開日: 更新日:

 この日も十八番を封じられた。

 広島が8―9でソフトバンクに敗れた30日の日本シリーズ(S)第3戦。その初回である。

 1番・田中が四球で出塁。1死後、3番・丸の6球目にスタートを切った。だが、あえなく憤死し、三振ゲッツー。「甲斐キャノン」と称されるソフトバンクの捕手、甲斐拓也(25)の強肩の前に今季32盗塁の田中が二塁ベースのだいぶ手前で刺され、先制点のチャンスを逃した。

 広島は今季、リーグトップの95盗塁を記録。強力打線と機動力でセのペナントレースを独走したが、この日本Sでは盗塁企図数5で成功はゼロ。武器である「足」を完全に殺されている。

 今季、両リーグトップの盗塁阻止率・447を誇る甲斐について、シーズン17盗塁の俊足・広島の野間がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る