ソフトBは打線沈黙…4番柳田が眠ったままでは西武の二の舞

公開日: 更新日:

 勝つも負けるも4番打者次第だ。

 もっか1敗1分けのソフトバンクは、2試合で計10安打3得点と打線が沈黙。2戦目は初戦6タコの上林をスタメンから落として臨むも、結果にはつながらなかった。

 西武黄金時代のエースだった工藤監督は、誰よりも短期決戦での戦い方を熟知している。現役時代の日本シリーズ出場14回は、上司である王球団会長と並んで球界タイ記録。さらに2015年と昨季は、指揮官として日本一を達成している。上林はもとより、西武とのCSでは12打数2安打とバットが湿っていた松田を3戦目から控えに回したように、判断に迷いがない。

 自身もロッテ、西武で4度の日本シリーズ出場経験のある評論家の山崎裕之氏は、「短期決戦で調子の悪い選手を外すのは常套手段」とこう続ける。

「長いシーズンならともかく、日本シリーズでは選手の復調を待っているヒマはありませんからね。しかし、いくら不調でも外せない“格”を持った選手がいるのも事実。CSでソフトバンクに敗れた西武の秋山がまさにそうだった。CSでは20打数3安打。それでも実績があり、今季もシーズンを通して切り込み隊長として活躍した。誰が監督でもスタメン落ちはさせられないでしょう。ソフトバンクだと、4番の柳田がそうです。2試合で6打数1安打とサッパリですが、経験豊富な工藤監督でも、柳田だけは外すわけにはいきません」

 30日から福岡に舞台を移した日本シリーズ。工藤監督は「地元に帰ってくると選手はのびのびできる」と話したが、柳田が眠ったままでは西武と同じ運命をたどることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る