ソフトBは打線沈黙…4番柳田が眠ったままでは西武の二の舞

公開日: 更新日:

 勝つも負けるも4番打者次第だ。

 もっか1敗1分けのソフトバンクは、2試合で計10安打3得点と打線が沈黙。2戦目は初戦6タコの上林をスタメンから落として臨むも、結果にはつながらなかった。

 西武黄金時代のエースだった工藤監督は、誰よりも短期決戦での戦い方を熟知している。現役時代の日本シリーズ出場14回は、上司である王球団会長と並んで球界タイ記録。さらに2015年と昨季は、指揮官として日本一を達成している。上林はもとより、西武とのCSでは12打数2安打とバットが湿っていた松田を3戦目から控えに回したように、判断に迷いがない。

 自身もロッテ、西武で4度の日本シリーズ出場経験のある評論家の山崎裕之氏は、「短期決戦で調子の悪い選手を外すのは常套手段」とこう続ける。

「長いシーズンならともかく、日本シリーズでは選手の復調を待っているヒマはありませんからね。しかし、いくら不調でも外せない“格”を持った選手がいるのも事実。CSでソフトバンクに敗れた西武の秋山がまさにそうだった。CSでは20打数3安打。それでも実績があり、今季もシーズンを通して切り込み隊長として活躍した。誰が監督でもスタメン落ちはさせられないでしょう。ソフトバンクだと、4番の柳田がそうです。2試合で6打数1安打とサッパリですが、経験豊富な工藤監督でも、柳田だけは外すわけにはいきません」

 30日から福岡に舞台を移した日本シリーズ。工藤監督は「地元に帰ってくると選手はのびのびできる」と話したが、柳田が眠ったままでは西武と同じ運命をたどることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る