松田でさえスタメン剥奪…ソフトB短期決戦ではまるで別人

公開日: 更新日:

 短期決戦なら勝算あり、だ。

 シーズン2位のソフトバンクはCSでは投手力に長けた日本ハムとの接戦を制し、打線の破壊力に定評のある西武に打撃戦を挑んで下克上を果たした。

 ある球団スタッフは「松田を容赦なくスタメンから外したことも勝因のひとつ」と、こう続ける。

「年俸4億円、35歳のベテラン松田は、言わずと知れたチームの顔。ナインからの信頼も厚い。今季は32本塁打、82打点と活躍したが、CSでは24打数4安打とサッパリ。シーズン143試合なら松田と心中しても、短期決戦ではそんな悠長なことは言ってられない。西武との2戦目に負けて1勝2敗となるや、首脳陣は3戦目からスタメン落ちさせた。ナインにも覚悟というか執念が伝わったのか、その後は3連勝だった」

 ソフトバンクは2010年からBクラスは13年の一度だけという常勝球団。その間、日本一4回と短期決戦での勝負強さは他チームの追随を許さない。シーズン中、負けが込んだ時期には、工藤監督と達川ヘッドコーチが衝突して「冷戦状態」に陥るなど、チームのまとまりを欠くこともあったそうだが、短期決戦となるやチーム一丸になるあたり、経験のたまものだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  5. 5

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る