松田でさえスタメン剥奪…ソフトB短期決戦ではまるで別人

公開日: 更新日:

 短期決戦なら勝算あり、だ。

 シーズン2位のソフトバンクはCSでは投手力に長けた日本ハムとの接戦を制し、打線の破壊力に定評のある西武に打撃戦を挑んで下克上を果たした。

 ある球団スタッフは「松田を容赦なくスタメンから外したことも勝因のひとつ」と、こう続ける。

「年俸4億円、35歳のベテラン松田は、言わずと知れたチームの顔。ナインからの信頼も厚い。今季は32本塁打、82打点と活躍したが、CSでは24打数4安打とサッパリ。シーズン143試合なら松田と心中しても、短期決戦ではそんな悠長なことは言ってられない。西武との2戦目に負けて1勝2敗となるや、首脳陣は3戦目からスタメン落ちさせた。ナインにも覚悟というか執念が伝わったのか、その後は3連勝だった」

 ソフトバンクは2010年からBクラスは13年の一度だけという常勝球団。その間、日本一4回と短期決戦での勝負強さは他チームの追随を許さない。シーズン中、負けが込んだ時期には、工藤監督と達川ヘッドコーチが衝突して「冷戦状態」に陥るなど、チームのまとまりを欠くこともあったそうだが、短期決戦となるやチーム一丸になるあたり、経験のたまものだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る